介護メインの福祉情報blog。たまに独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエル企業が"身障者向けモビルスーツ"の開発に成功

■車椅子の人でも歩行可能、イスラエル企業が身障者向けモビルスーツの開発に成功(Technobahn)


以前からこのブログで度々話題にしている医療・介護支援用ロボットスーツ。日本だけでなく、世界中で研究されていますが、このたび中東のイスラエルでも似たようなロボットが開発されました。名前は"ReWalk"

このロボットスーツは、戦争で下半身麻痺となり、以来、車椅子での生活を送っていたイスラエル人技術者が、「二本足での歩行を諦めることは出来ない!」という思いから自分で会社を設立し、事故から20年ぶりに自ら開発したもの。自分の足で歩きたい!という強い思いがこのロボットには籠められているのでしょうね。

実際の効果については、
「機械による補助による形であっても下半身麻痺の身体障害者が立ち上がったり、日常的に歩行することが可能となれば、普段は使われない両足の筋肉が使われることになり、リハビリの観点からも非常に有効となる見通し」、とのこと。いつの日か、技術の進歩によって、車イスや杖が不要になる日がやってくるかもしれませんね。


GMは医療・介護支援用ロボットの開発を続ける技術者の皆さんを心から応援しています。


【関連情報】

■Argo Medical Technologies (開発元のイスラエル企業のサイト)

■医療・介護支援用ロボットスーツ『HAL』 今秋より遂にリース開始へ!(2008年7月2日記事)

■世界初!医療・介護支援用ロボットスーツ『HAL』の量産工場がついに着工へ(2008年4月17日記事)

■『介護ロボット』、2010年代初頭に実用化 トヨタ自動車(2007年12月7日記事)

■未来ロボットは352万人力…労働力不足8割強を肩代わり(2008年4月21日記事:「介護は人手じゃないとダメ」という意見への反論)


↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

8/30の福祉・医療ニュースヘッドライン

8月30日

返す言葉もない。

【本日のヘッドラインニュース】

■在職老齢年金、3万2800人に11億9000万円の未払い(読売新聞)

これはひどい


■社会保障カード、乱数使い不正防止 検討会が中間報告(msn産経ニュース)

社会保障カードについては過去にもいくつか触れているので死ぬほどヒマな方は御一読のほどを。大したことは書いてはおりませんが。


■【ゆうゆうLife】医療 痛みを我慢しない(上) 緩和医療と精神的支援
■【ゆうゆうLife】医療 痛みを我慢しない(中)不足する看取りの場
■【ゆうゆうLife】医療 痛みを我慢しない(下)抱え込まずに早期治療

msn産経ニュースの特集記事。
痛みはガマンすればいい、っていう考えの人多いからなぁ。痛みのせいで身動きし辛くなったら生活の質や行動範囲も大幅に制限されるし、ガマンしてたら早期治療も難しくなる。結果的に医療費も増えることに。早めの治療を心がけたいですね。


■65歳以上は過去最高更新 18年度の国民医療費(msn産経ニュース)

あらま。


■老健施設建設の19億円債権放棄・・・大阪市方針(読売新聞)

大阪は商人の街なのに、どうしてこう、金の使い方が下手クソなのやら。まぁ役人の中には他府県人も結構入ってるみたいではあるんですがね。行政組織の運営上の問題か?それとも自分で会社やってりゃ別なのかな?


■定額減税、今年度に実施…政府・与党が総合経済対策で合意(読売新聞)

所得税や住民税の減税のほか、高齢の低所得者らを対象に一定額を支給する「臨時福祉特別給付金」の支給、、高速道路料金の割引なども盛り込まれた内容。減税幅については低額所得者に限定したらどうか、といった意見も出ているようなので最終的にどうなるかはまだ謎。


■育休法の見直し論議(下)男性の育休取得 職場理解がカギ(読売新聞)

うちの施設でも男性で育休とった事のある人はまだいないな。個人的には人員と仕事の引継ぎさえキチンと出来ているなら問題ないと思うのだが。子供を産みやすい環境にするためには必要なことじゃないかな。


↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

忘れる=記憶力UP・・・?

記憶力アップの秘訣は、「忘れる」こと──忘れるのも才能のうち?(ダイヤモンド・オンライン)

なるほど・・・。
じゃあGMが仕事のことをよく忘れるのも仕方ない事なのだな。

うんうん。

↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

80代のおじいちゃんが作ったお手製カメラ

■80代のおじいちゃんがビンの王冠や段ボールから作ったお手製カメラ(GIGAZINE)


↑アーティスト爺ちゃんMiroslav Tichý zさん↑


すごいです・・・。


↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

8/28の福祉・医療ニュースヘッドライン

8月28日

実は日本酒は普段はあまり飲まないんですよね。ちなみに酒はカクテル系は全てNG。あんな気色悪い酒は飲めない。ワインは今ひとつ舌に合わないし。ということで、飲むときは専らウイスキーばかりです。それか焼酎かな。蒸留酒好きなもので。ワンカップなんて最後に飲んだのはいつのことだったろうか・・・。

【本日のヘッドラインニュース】

■介護事業にフリーターや定年者活用、厚労省が助成方針(読売新聞)

定年退職した人やフリーターなどの未経験者を雇った介護事業主に、1人あたり50万円を助成する制度を作るんだそうで。なんですか、その典型的な税金ばら撒き政治は。うまくいくなら良いんだろうけど、なんかこう、おざなりな臭いがプンプンするんですよね。ちゃんと考えて作られた制度なのか疑問。


■【ゆうゆうLife】読者から 施設は医療と介護の連携を(msn産経ニュース)

事務員として言わせてもらえば、ケアマネと家族との連携が取れてないケースの方が多い感じがするのですが。事務員なので日常的に色んな電話を受けるんですが、家族から「ケアマネを通したくないから直接施設の方に問い合わせたんです」って言われて相談を受けるケース、結構多いですよ?ケアマネ&家族の皆さん、お互いの信頼関係はキチンと築けていますか?


■備える:中越沖地震の教訓から/2 高齢者の安否確認に課題(毎日新聞)

避難者のリスト作りが最大のネックなんですよね。


■中医協:認知症患者の入院料減額措置を事実上見送り(毎日新聞)

前に紹介したニュースと同じ内容。


■国保や介護保険、減免基準を統一 社会保障会議が提案へ(日本経済新聞)

統一=小さくまとめてしまえ、とならない事を祈る。


■大賞・山崎武雄さん 92歳でヘルパー資格取得(読売新聞)

92歳のヘルパー・・・。
すごいです。


↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

【番外編】寝ながら吠える犬


■こんな寝言見たことない…夢の中で吠えてる犬(らばQ)
夢の中で吠えてる(笑)
かわええなぁ犬。

賢いし、良いよね。
そういえば、この前もこんなニュースが出てたな・・・。うーん、キューツ。

↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

「だから、機械的に判断されちゃ困るんだってば!」って感じの"介護保険最新情報Vol.41"が公開中 お題は「同居家族等がいる場合の訪問介護サービス等の生活援助等の取り扱いについて」

■同居家族等がいる場合における訪問介護サービス等の生活援助等の取り扱いについて(介護保険最新情報Vol.41:三重県HP)
厚生労働省(中央合同庁舎第五号館)


昨年の12月21日に取り上げた記事(介護保険最新情報vol.26)と同主旨の文書が公開されています。

訪問介護サービスの"生活援助"において、本人の他に同居している家族が存在する場合の生活援助の実施については、「同居家族等の有無だけを判断基準として、一律に介護給付の可否を機械的に判断してはならない」、と保険者に釘をさしている文書です。

同じような指示をわざわざもう一度行ったということは、家庭ごとの事情もろくに勘案せずに「家族と一緒に住んでるから生活援助は使えませんよ」とか、病気の有無等だけで問答無用でぶった斬っている保険者がいまだに数多くいるということなんでしょうね。

改善して欲しいところです。


ちなみに資料中で紹介されている、川崎市のホームページはこちら↓

■川崎市介護支援専門員連絡会のホームページ
(※「ダウンロードの部屋」を参照して下さい)


↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

8/26の福祉・医療ニュースヘッドライン

8月26日
今日、2本目の記事

【本日のヘッドラインニュース】

■介護報酬改定の役割…介護職定着狙い 職員の昇給図る(読売新聞)
■介護職確保へ支援強化…厚労省、費用の一部助成へ(読売新聞)

いやいや、前々から言ってるように、介護報酬を増やしたからといって職員の給料が増えるとは限らないんだってば


■09年度予算:厚労省概算要求 3.8%増、22兆9523億円--原案判明(毎日新聞)

一方で、年金記録漏れ対策などは先送りに。
票になりそうな、国民にウケが良さそうな施策ばかり優先されてもね。まぁ「5つの安心プラン」にしたところで、中身は「高齢者は自分の事は自分でやってね♪」って内容に過ぎない訳だが。定年延長や高齢者就労の機会確保の話は詰まる所はそういう事に行き着く訳ですよね?長く働いてもらって高齢者からも末永く税金を収めさせようっていう。どこが「安心プラン」なんだとwww


■高齢者向けケア付き住宅普及へ=「5つの安心プラン」で-国交・厚労省(時事通信社)

「安心」どころか注意して選ばないと痛い目を見ます。


■認知症の問題行動9項目を復活 要介護認定 性急な削減に現場から不安 (シルバー新報)

復活させるくらいなら最初から削るなよw
科学的根拠とやらが曖昧な基盤の上に成り立っていたことの証明では?


■高齢者率が全国最悪(asahi.com)

交通死亡事故のワースト1は愛媛県。2位は鹿児島県なんだとか。意外と言えば意外かも。


■介護保険料:低所得層、負担軽減(毎日新聞)

WAMNETで資料が出てた話のことかな。


■高齢医療拠出 健保4100億円増、国保4500億円減(asahi.com)

おおう。


■医師養成検討会を設置へ 厚労、文科両省で(msn産経ニュース)

「~会議」とか「~会」ばかりいくら作られてもなぁ。キチンと機能しているのか甚だ疑問。「船頭多くして、船、山に登る」なんていう諺もあるしねぇ。どうなんでしょ?


■記憶の仕組みにアスパラガスのアミノ酸 岡山大が解明(asahi.com)

アスパラ大好き。


■【シェ松尾のボン・サンテ】「口は最後の調理場」(msn産経ニュース)

良いこと言うなぁ。


■妊婦検診の無料化を検討 出産一時金の増額も(msn産経ニュース)

もうね、子供がある一定の年齢になるまでは全額国が負担してあげようよ。あと、金の話より子供を産みやすい環境作りの方が先だと思うぞ?


■麻薬中毒の治療薬が肥満にも有効、米研究(AFPBB NEWS)

クスリ漬けの状態になったら処方してくれますか?


↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

"サッチャー元首相が認知症" 長女が自著で明かす 英紙報道

8月24日付けの英国紙で明らかに。
■Baroness Thatcher constantly repeats herself and forgets husband Denis is dead, says daughter Carol (英メール・オン・サンデー紙)


↑英国首相マーガレット・サッチャー 1979~1990↑

これはサッチャー元首相の長女キャロルさんが、この度出版する自著の中で明らかにした事らしいのですが、サッチャー元首相は8年前から発症している認知症がかなり進み、夫のデニスさんが既に死亡していることも忘れるほど記憶力が減退しているとの事。

サッチャー元首相と言えば「鉄の女」として保守党を率いた高名な女傑。新自由主義的な経済政策を採り、低迷するイギリス経済を立て直した手腕には今もって高い評価が与えられていますが、その反面、イギリスの医療・福祉をガタガタに崩壊させた人物としての悪評も大きいという、ちょっと評価に困った人物だったりします。

GMは元々この人には興味があって、学生時代にはこの人の自伝を読んでみた事もあるんですよ。半分くらいしか読まんかったけど(笑)。"ルール・ブリタニア"(英国よ、支配せよ)を地で行く御方だっただけに、このニュースには衝撃を受けましたね。彼女が認知症だというのはちょっとイメージが合わないというか想像できないというか。でもまぁそういう気性の激しい方が認知症になるのはよくある事と言えばそうなんだけれども。そうですかー、認知症なんですね。

記事で読んだ限りでは、日本で言うところの「介護度2~3」くらいってとこですかねぇ。身体的な部分については余り触れられてないのでよくわからんけど、病院通いとかしてるんでしょうかね?だとしたらちょっと皮肉かもしれない。

前述したとおり、彼女の政策によってイギリスのNHS(国民医療サービス)はほぼ崩壊状態。医療費はほぼ無料になる代わりに、聞くところによると診察の予約は1ヶ月待ち、手術は数ヶ月待ち、歯医者は1年待ち、という状態が続いているんだそうな。イギリス国民からは怨嗟の声が日増しに高まっているんだそうで。

認知症になって記憶力が低下したことは彼女にとって不幸なのやら、幸いなのやら・・・。


↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

【番外編】北京五輪 「星野JAPANは日本の恥さらしだ!」 ・・・という記事

■星野JAPAN「日本の野球に恥かかせた」(Yahoo!スポーツ)



いやー、北京オリンピック終わりましたね。
別に介護とは何の関係も無い話なんですが、今回の五輪ではあまりにも日本の野球が不甲斐なかったもので記事にせずには居られなかったというか何と言うか。(ちょっと時期は外しちゃったけど、そこはご容赦。)

怪我人が多かったから仕方ないよ、とか星野監督の采配ミスが敗因であって選手達はよくやったよ、とか、悪いのは連盟だろ、とかいうコメントをネット上でよく見かけるんですがね。

何を甘い事を言ってるんだと。
ふざけるなよと思う訳ですよ。

今回の代表メンバーは仮にもプロ選手ばかりで編成されたオールスターチームなんですよ?故障者がいるだろ、って言われるかもしれんけど曲がりなりにも野球でメシ食ってる連中ばかりなんですよ?しかも世界のプロ野球の最高峰(という事に一応なっているw)、ワールドベースボールクラシック(WBC)の優勝国。勝って当然なんです。というか勝たなきゃいけない。日本はそういう重い立場の国なんです。プレッシャーが云々って話も聞きますが、そんなものは当たり前。勝者の義務みたいなもんです。それを跳ね除けて勝利しなければならなかったはず。しかも五輪最後の大会となる今回は、悲願の金メダル獲得を目指して社会人や学生などのアマチュア選手を押しのけてプロばかりのメンバーで臨んだんです。日本野球界の代表として是が非にでも勝たなくちゃいけなかった。それが他の野球人たちとの暗黙の了解だったと思うのです。

ところがどっこい、金メダルがかかったお隣の国韓国との試合には逆転負け(3-5)を喫し、あまつさえ3位決定戦ではメジャーどころか3A・2Aなどの(しかも名が売れているという訳ではない)マイナー選手が主体で、しかも大学生まで混じっているアメリカに大敗(4-8)する始末。もうね、呆れたというか悲しいというか、口では言い表せないものがありましたよ、ホント。

オリンピックを語る時によく出てくる言葉として、"参加する事に意義がある" 、というものがあります。それを口にして日本代表を慰める人々もいますが、私はその言葉はプロ選手には当てはまらないと考えています。

プロは勝つことが仕事です
勝って観客を楽しませてナンボの商売です。

オリンピックはプロとしての正規の試合ではありませんが、プロ選手として参加する以上、国民はそれが故に勝つことを期待して彼らを送り出したのです。参加するだけ、なんてとんでもない。勝つ事に意義があったのです。

韓国戦に関しては「向こうもプロで編成したチームだったから仕方が無いじゃないか」という声も聞かれますが、日本と韓国、プロ野球の歴史では日本の方が圧倒的に先輩なんですよ。選手層が厚いのは日本だ、ということは日本に対して辛口のコメントが多い韓国のマスコミですら認めています。これは勝たなきゃいけなかった。アメリカ戦に関しては言うまでもないですかね。日本の看板選手を繰り出したにも関わらず、マイナー選手主体のチームにボッコボコにされてるんですから。アメリカのマイナーリーグのレベルが日本の2軍とは桁違いだということを差し引いても、褒められたもんじゃないと思いますよ。

じゃあ足りなかったのは"勝利への執念"なのかということになりますが、前述したようにプロは勝つことが仕事です。勝利への執念が無いのなら、オリンピック以前にプロ選手として失格でしょう。

オリンピックはプロとしての試合じゃないからやる気が出なかったんだ、とか怪我を気にして思い切ってプレイしなかったというのは論外です。相手国に対して余りにも非礼に過ぎるし、プロ選手がどうこう言う以前に一スポーツマンとして失格です。「相手の方が執念が上だったんだ」というなら更に問題。自分達がオリンピックに選ばれた意味を正しく理解していれば勝利への執念など幾らでも湧いてこようというもの。いや、湧いてくれないと困る。それならアマチュア選手達を出してあげた方が良かった。五輪最後の試合に出たかったのは彼らだって同じです。アマの選手達はこれから先、大好きな野球でメシを食っていけるかわからない。一度くらいオリンピックという晴れの舞台でおもいっきり好きな野球を楽しみたい、という気持ちはプロ選手以上にあったことでしょう。

星野JAPANは彼らの情熱も、日本国民の期待も、その全てを裏切ったのです。

その罪は余りにも重い。

勝利は時の運だということは承知しています。
「結果論だけで何を言ってるんだ」と言われれば返す言葉もありませんし、ここに書いたことも少々大袈裟なのかもしれません。

しかし、言わずには居られなかった・・・。

プロ野球の人気は年々下降しています。娯楽やスポーツが多様化した今日、あの巨人戦ですらゴールデンタイムでの視聴率が取れずに四苦八苦している有り様です。低迷するプロ野球人気を復活させるためにも今回のオリンピックでは日本の選手達に頑張って欲しかった。期待していたのです。それがあの体たらく・・・。

ただの期待の押し付けに過ぎなかったのはわかっていますし、一番悔しかったのは選手達だとは思います。しかしね、やっぱり悔いの残る大会だったと思うんですよ。

あんな試合を見て「よくやったね」とか、「頑張ったね」とかはとてもじゃないけど言えないんですよ。本当に野球が好きならば、あえて厳しいことも言わなきゃいけないと思うんです。好きでこんなこと書いてるんじゃないんです。

だってね、GMは野球が大好きなんですから。

見るのもやるのも大好きなんですよ。
マニアという訳ではないけれど、それでも大好きなんですよ。最近の野球にはちと疎い、永遠の南海ファンではあるけれど、それでも大好きなんですよ。

だからね、ちょっと辛いことも言ってみました。
野球に詳しい人から見たら「何言ってやがる」とか思うかもしれんけど、これがGMの北京五輪での野球に関する感想です。誰もそんなもん見たくなかったとは思うけど、勢いで書いちゃったもので。介護と何の関係もない話ですみません。


明日からは介護の話題に戻りますのでご容赦のほどを。

長文失礼。
<(_ _)>


↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

"医学的に信じられない状態"にある人々

■医学的に信じられない状態にある人々の10の症例(GIGAZINE)
聴診器


「太ることができない男性」にちょっとジェラシー


 ↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

「介護戦隊ケアレンジャー」という名のローカルヒーローが存在する!?



www実話www

↓ホームページはこちら↓
■介護戦隊ケアレンジャー ~家族の心でお世話します~

↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

8/21の福祉・医療ニュースヘッドライン

8月21日


【本日のヘッドラインニュース】

■介護保険料:09~11年度の算定方針示す 厚労省(毎日新聞)

今年度で終了する"激変緩和措置"の代案。
さてさて・・・。


■地方企業、活路求め「介護」に参入(読売新聞)

異業種からの介護業界への参入には賛否両論あるかとは思うが、GMとしては今までに無かったようなアイデアを見せてくれる可能性があるので興味津々。二番煎じのものも多いけどね。


■【ゆうゆうLife】医療 長期療養のおむつ代・寝間着代(下)(msn産経ニュース)

昨日紹介した記事の(下)の方。


■元社保職員、年金記録「改ざんは組織的」と証言…民主党会議で(読売新聞)

これは洒落にならんだろ。
ますます年金納付率が下がる予感が、とか思ってたら・・・


■国民年金保険料 19年度実質納付率は47・3%と最低(msn産経ニュース)

あ~あ。
ちなみに昨年度の実績はたしか49%だったはず。これじゃますます減るかもね。払う気が失せるのもわかる。


■「帝王切開死」医師に無罪(読売新聞)

病院関係者の間で話題沸騰だった裁判に遂に判決が。とは言え、この裁判まだまだ続くかもしれんけどね。法律を齧った身としても非常に興味深い裁判。


■61歳代理母、実娘の子出産 国内最高齢か 長野(asahi.com)

す ご い


■フルーツジュースを飲むと薬の効果が劇的に弱くなる(GIGAZINE)

薬はお水で飲みましょう。
ところでフルーツジュース、と聞いてすぐに"ミックスジュース"が頭に浮かんでしまうのは血が為せる技なのだろうか。まわりにも結構しらない人が多いんだよなー。美味しいのに・・・。
( ・ω・ )


↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング


ばあちゃんは強し

■85歳女性、17歳強盗に銃を突き付け通報させる(CNN.co.jp)

ばあちゃん強ぇwww

↓ちなみにこんなニュースもあった↓
http://jp.youtube.com/watch?v=5edBkGNL0-c

お年寄りを馬鹿にしちゃダメ。

↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

ちょっと息抜き的記事(8/20)

ちょいと休憩。
真面目な話ばかりも疲れるもので(笑)。

■日本は外国人受け入れの“失敗例”(大分合同新聞)

シンガポールの首相からの厳しいコメント。
これはGMも本当にそう思う。介護・医療の分野はもちろん、どの業界でもそう。今や人材はグローバルに求められている時代だと思うのだが。


■72歳のおじいちゃんが近所の飼い犬を毒殺(msn産経ニュース)

や り す ぎ
鳴き声がうるさかったんだろうけど、殺すのはどうかと。


■加齢臭や体臭に効くという石鹸、本当に効くのか試してみました (らばQ)

効くのか、こういうの。


GM「なあなあ、オレって臭い?」

相方「うん。ヤニ臭いよ。」

GM「臭いを一言で表現するなら?」

相方「おっさん

GM「・・・」

き、気になる方は試してみても良いんじゃないかな。ははははははははははは。


↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

8/19の福祉・医療ニュースヘッドライン

8月19日
最近、お疲れ気味。


【本日のヘッドラインニュース】

■長期失業者を認知症介護要員に、ドイツで賛否両論(AFPBB NEWS)

7月1日からドイツで始まった取り組み。
詳しい内容がわからんから何ともコメントし辛いものがあるなぁ。まぁ手っ取り早く人員を確保できるんだろうけど、どうなることやら。ちなみに日本では介護職員の確保のためにどんな対策をとっているかと言うと・・・↓


■介護事業所:職員確保へ公費支援 厚労省(毎日新聞)

職員の能力、資格、経験などに見合った給与体系を採用している事業所には公費支援しますよ~、って制度を作るんだそうで。とはいえ給与の仕組みを導入する事と、それをキチンと運用していく事とは別問題。その辺が上手く機能しないとどうにもならん訳だが。事業所側の姿勢が問われるかな、これは。


■家庭の高齢者虐待3割増 防止法施行で顕在化(読売新聞)

被害者の8割が女性。
ちなみに男性の場合は、そもそも他人に虐待の事実を話さないという傾向が強いということも考慮に入れておく必要もあるとは思いますが。


■高齢の親と同居なら減税拡大? 総選挙控え浮上(asahi.com)

選挙対策で、っていう所が引っかかるが・・・。
家族の利益になるなら良いかな?


■【ゆうゆうLife】長期療養のおむつ代・寝間着代(上)(msn産経ニュース)
■【ゆうゆうLife】医療 長期療養のおむつ代、寝間着代(中)(msn産経ニュース)

病院の保険外の費用は本当にバカにならん。
うちの親が入院した病院では無かったけど、おむつや寝巻きの持込が事実上不可、なんて病院は実は結構あったりするみたいですよ。たまらないね。


■ウコンから記憶力活性物質、アルツハイマー予防に期待(読売新聞)

最近、アルツハイマー病の予防や治療に効果がある話が結構出てきてますね。"こんなの"とか。


■糖尿病患者、遺伝子に特徴 国内2チーム、別々に発見(asahi.com)

糖尿病の家系だから注意しなくては・・・。


■英国で高齢独居男性100万人に 新たな社会問題化(AFPBB NEWS)

どの国も同じような悩みを抱えているようで。




■イスラエルで死産宣告された赤ちゃん、冷却室から生還(ロイター通信)

これはすごい。
誤診だったんじゃないの?とも思わなくも無いですが。元気になってほしいものです。


↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

変わったニュースを少しだけ

8/15の福祉・医療ニュースヘッドライン

8月15日


【本日のヘッドラインニュース】

■介護報酬上げると介護職給与上がる?…厚労省調査へ(読売新聞)

ここ数年続いた介護報酬抑制の影響で、事業者側の経営体力も相当落ちてるからなぁ。報酬上がったとしても、すぐに給料UPには結びつかないと思うな。仮に今回の改定で報酬が上がっても次回でまた下げられる可能性もあるし、しばらくは現状維持のままにならざるを得なくなる施設の方が多いだろうね。ある程度財務が安定してからでないと効果はわからんだろう。少なくとも即効性は期待しない方がいい。


■介護職の質向上へ 資格要件厳しく(読売新聞)

"質の向上"自体は賛成。
ただし、その質が上がったとしても、それに見合うだけの何かが得られなければ意味は無い訳だが。取るのが難しいだけの資格、にはしないであげて欲しいね。


■介護施設で老いを考えた:/1 どの施設を選ぶか /宮崎(毎日新聞)

特養などへの"申し込みの重複"による待機者数の増加は、程度の差こそあれ、どこの施設でも起こっている現象。なので、あまり気にしすぎる必要はないかな、とGMも思ってたり。300人待ちと言われてる施設でも実際は100人待ちくらいの状態になってるとこも珍しくないもので。それでも充分、多いんだけどね。・・・しかし、この記事。続き物の記事らしいけど、何やらおかしな解釈が飛び出してきそうな気配がする。ただの勘ですが(笑)。


■リスク半減? 野菜と果物で食道がん予防(msn産経ニュース)
■野菜で食道がん予防 摂取100グラム増でリスク10%減、厚労省研究班(日本経済新聞)

だからと言って野菜ばかり食べるのは×。
食物はバランスよく食べるのが一番かと。


■ランニング、健康的な長生きに効果ある可能性=米研究(ロイター通信)

多分、もうみんな知ってると思いますよ?
まぁ理論的な裏付けがあるのは有難いのですが。



【おまけ】

■インド初の個人種目金メダリスト、電車に一生乗り放題に(ロイター通信)

なんか微妙な御褒美ですね(笑)。
インドにどれくらい鉄道インフラが発達してるかによるな。


■86人も妻がいる男、世の男性たちにアドバイスを一言 (らばQ)

とてもじゃないけど真似できません
(;^_^A


アドバイス、ウケた(笑)。

↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

8/13の福祉・医療ニュースヘッドライン

盆
ということで、帰省してお墓参りに行っておりました。
お墓を墓石用の洗剤でピカピカに掃除し、草抜きした後の地面にはお墓用の除草剤を。これで半年くらいは雑草が生えてこないんだそうで。世の中便利になったもんだなぁ。

【本日のヘッドラインニュース】


■社説:外国人看護師 高齢者の介護はだれがする?(毎日新聞)

「資格を持ちながら働いていない潜在看護師、介護士が働きやすい環境や労働条件を整備することが先決」、「日本人の担い手が減ったから、外国人で補おうというのは安易な考え」という考えは全く正論な訳だが、じゃあどうすれば良いんだ、と。以前の記事でも触れたが、特に看護師などはもう何十年も慢性的に人手不足な状態が続いているじゃないか。社説で出すなら新聞社側の見解も併せて載せるべき。批判だけなら誰でも出来る。


■介護:離職・転職14万4800人 前年比4割も増加(毎日新聞)
■悪化する介護労働の現場 低賃金で激務 利用者にしわ寄せも (msn産経ニュース)

「他の業種でも給料が安い職種はある」、「給料の安い高いはその人の意識次第」、と言う人もいて、その通りと言えばそうなのだが、そういう賢しげな答えを口にするエセ偽善者がGMは一番嫌いだったりする。


■高齢者虐待1・2倍に(読売新聞)

これは本当に深刻な問題。


■後期高齢者医療制度(上)分担あいまい 窓口なお混乱(読売新聞)

後期高齢者医療制度の良い話を聞いたことが殆ど無いなぁ。喜んでる人ってどのくらいいるんだろうか。


■医療費助成:重度障害者の制度加入条件、5道県が見直しへ(毎日新聞)

とっとと見直して下さい。
この問題は、制度開始の初期の頃からGMも懸念していた事柄の一つ。自治体側にも事情はあるとは言え、これは酷いと思うぞ。


■国の医師給与11%増 人材確保へ改善策、人事院勧告(asahi.com)

お金以外の改善も併せてお願いします。


■医療の現場 <看取り・5>施設 ついの住み家に(読売新聞)

介護療養型老健についてはコメントし辛いものが。数も少ないし、施設の有効性というか、在り方そのものに疑問を感じることも多いもので。


■新技術で活動的に デジタル補聴器 加齢臭防止肌着 遠近両用コンタクト(中日新聞)

世の中便利になりましたねぇ。
こういう技術の発達には大賛成ですよ。



【おまけ】


■人気サンダル「クロックス」、病院内では禁止へ ウィーン市当局(AFPBB NEWS)
うちの特養でも履いてる職員多いです。GMも去年か一昨年に一足買いました。結構歩きやすいんで良いと思ってたんだけど、そんな問題があるとは思わなんだ。

■肥満と健康、両立する可能性=米研究(ロイター通信)
両立したって肥りすぎには変わりないんですがね。最近、体の身動きが辛い・・・。

■仏政府、国民の肥満解消へ甘いものに増税か(日本経済新聞)
ある意味、効果的かも(笑)。


■シニアは意外とヘビーユーザー パソコン歴10年以上が半数(毎日新聞)
これは意外。


↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

8/9の福祉・医療ニュースヘッドライン

北京オリンピックが始まりましたね。
8月9日
今回のオリンピックは色々な意味で興味津々です(笑)。


【本日のヘッドラインニュース】

■予防サービス利用、100万人超=07年度の介護保険調査-厚労省(時事通信社)

まず「抑制ありき」の現行の予防サービスの在り方には疑問を抱かざるを得ない。「介護保険料が低く抑えられるから良いじゃん♪」とか思ってる人は少し短絡的に過ぎると思いますよ。


■インドネシア人看護師ら200人来日、初の外国人受け入れ(読売新聞)

遂にやって来ましたね。
GMは前々から言っているように外国人介護士・看護師の受け入れには消極的ながら賛成の立場なので頑張って欲しいところです。とはいえ、


■外国人労働者受け入れ…生活できる仕組み必要(読売新聞)

・・・こういったハードルも多いんですけどね。
あと怖いのは、この中の1人でも誰か犯罪に手を染める者が出たら、とたんに「外国人介護士・看護師は全員×」みたいな風潮にならないかなぁ、という点ですね。日本人は排他的だから少々心配です。


■介護人材の確保・定着(下)現場の悩み しっかり把握(読売新聞)

大事な事だけど、実践するのはなかなか難しい施設も多いかも。


■【ゆうゆうLife】編集部から 認知症は「何も分からない」か(msn産経ニュース)

意外とわかってるんですよね。
認知症だからって甘く考えて接するのは大間違い。


■【ゆうゆうLife】介護 グループホームはだれのため?(下)(msn産経ニュース)

この前紹介した記事の続編。


■「療養病床の削減」の抑制で 医療・介護費が1800億円の負担増(msn産経ニュース)

負担増というか、もともと減らせない部分だったからだろ?役人が削減するポーズを取ってただけなんだから、おかしな理解をするなよ。


■国民年金納付率、2年連続低下 記録問題対応で督促手薄(asahi.com)

年金問題で人手が回らなかったせいだけじゃなくて、年金問題等を含めた一連の不祥事やら運用のまずさとかが原因で国にお金を預ける気が失せたという理由も大きいのでは。


■厚生年金5.6兆円の赤字(msn産経ニュース)

国は「年金財政は長期的な観点で評価すべきで、単年度で評価するのは適当ではない」とか言ってるけどさ。確かに長期的な運用を行うものなんだという事を否定はしないけど、じゃあ何年スパンで見れば良いんだろうね。会社の業績は年度ごとに評価されるじゃないか。短期的な面と長期的な面、それぞれ併せて評価するのは当然だろうに。



【おまけ】

■中国製ギョーザ問題、非公表は「中国の要望」と高村外相(AFPBB NEWS)

「日中友好」の意味を完全に履き違えている。こんな奴が自分の国の大臣なのか・・・。やれやれ。


■人間のあくび、犬にも「伝染」することが判明=英研究(ロイター)

人間も犬も、そういう所は一緒なんですねぇ。


↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング


グッドウィルが新グループ名を公募中

今日二つ目の記事。
■あのグッドウィルグループが新グループ名を募集中(GIGAZINE)

名前の前に中身を変えろよ。
名前が変わっても体質はそう簡単には変わらんもんですよ?ちなみに新グループ名でいくのは10月からとの事。介護にはもう手を出さないでね。

↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

8/6の福祉・医療ニュースヘッドライン

8月6日


【本日のヘッドラインニュース】

■社会保障の維持のため「負担増容認3割超す」 厚労白書(asahi.com)

負担増を避けろ、という意見も3割を超えてるんですがね。


■介護人材の確保・定着(上)イメージ向上 あの手この手(読売新聞)

コムスン事件で介護の悪い面ばかり強調されすぎたからなぁ。大変だけど、とてもやりがいのある仕事だと思うんですよね。給料が安いのは否定せんが。


■療養病床:6割削減目標を正式断念 厚労省(毎日新聞)

この話は7/28の記事でも紹介したけど、そりゃそうなるわな。受け皿施設が足りてない状態で削減を予定通り実施されてもたまらんし。


■重要な社会保障「老後の所得保障」72%で最多 厚生労働白書(日本経済新聞)

お金は大事だよ~♪(アフ○ック)。
やっぱりイザという時に必要になるのはお金ですからね。医療にせよ介護にせよ。


■介護帰省割引:航空4社が導入 利用者9万5千人に(毎日新聞)

各航空会社の介護割引の申請先について知りたい方は当ブログの1月21記事へ。遠距離介護、増えてますからね。使えるものは使っちゃいましょう。お金は大事にしなきゃね。これで新幹線にも介護割引があれば更に便利なんだけどな。JRの皆様、御一考のほどを。


■【ゆうゆうLife】介護 グループホームはだれのため?(中)(msn産経ニュース)
昨日紹介した記事の続編。


■医療の現場 一覧 <看取り・1>在宅療養 往診で支援(読売新聞)

GMもどちらかというと"家で死にたい"と思うけど、家族に迷惑をかけるくらいなら病院で、と思うかもしれない。往診や訪問看護など在宅での看取りの体制がきちんとしてれば最期の選択肢も選びやすくなるんだけど・・・。


■09年度の医学部定員増へ、過去最大の8280人目標(asahi.com)

いま増やしても戦力になるのは10年先。
あと、環境も同時に改善しないとね。


■ビタミンC投与でがん半減 マウス実験で、米研究所(msn産経ニュース)

副作用が無なかった、ってのが良いですね。人間の場合はどうなんだろう。臨床に応用できるようになることを期待。



【おまけ】

■強制結婚させられた8歳の少女、離婚が成立(AFPBB NEWS)

■おばあちゃんの家へ、4歳男児が車発進もフェンスに衝突(CNN)

■原油高は健康や恋愛に効果的? 利点に目を向ける米国人(AFPBB NEWS)


↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

8/5の福祉・医療ニュースヘッドライン

【本日のヘッドラインニュース】

■介護専門ハローワーク 厚労省が09年度から設置方針(読売新聞)

介護人材の就職に力を入れようとしている、という意図だけはわかるんだが、これって実際どうなんだろうか。今まで介護に興味なかった人がこういう職種別のハローワークに行くとも思えんのだが。たまたま求人票を見て興味をもったのでヘルパーの資格を取ったんです、とか、介護の仕事から離れてたけど(一般の)ハローワークで求人票を見てもう一回やってみようと思ったんです、っていう人もいるからなぁ。第一、社会福祉協議会のやってる「福祉人材センター」が既にあるじゃないか。そっちは機能してるのか?既存のハローワーク内に担当者や窓口を置くってのならわかるんだけど、新しく作る必要性があるんだろうか。就職の窓口自体はハローワーク一つで良いんじゃないのか?


■【ゆうゆうLife】介護 グループホームはだれのため?(上)(msn産経ニュース)

グループホームって、施設によってピンキリが激しいとよく聞く。うちの法人ではグループホームを運営してないから今ひとつその辺がよくわからんけど。


■介護ベッド事故死10人 経産省、規格の基準作成へ(asahi.com)

先月の7/2の記事でも紹介したけど、今までJIS規格じゃ無かったんですよね。使用者もたくさんいるし良いことなんじゃないかな。介護ベッドでの事故事例は結構多いので。昨年末の当ブログ記事で代表的な事故の事例と事故情報の入手先を紹介しているので興味のある方は読んでみて下さい。


■シニアライフ応援!!高齢者住宅を考える4 高専賃とは(asahi.com)

「高専賃」は"高齢者専用賃貸住宅"のこと。
最近すごい増えたよね。運営上の規制がかなり緩いので他業種でも参入しやすい反面、場所によって質がバラバラなので高専賃を選ぶのはかなり難しいです。有料老人ホームと何が違うんですか?って聞かれることもたまにあるんだけど、GMもあまり詳しくないし、その高専賃の運営方針にもよるので何とも言えないかな。大まかに知りたい人は"ここ"のサイトを見てみて。ちなみに似たような名前のもので「高優賃」(高齢者優良賃貸住宅)というのもあります。誤解を恐れず言うならこちらは高専賃の上級版といった感じかな。


■12施設でVRE初検出(読売新聞)

読売新聞の地方記事(京都版)。
バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)は、MRSAなど細菌による感染症の治療に使用される抗生物質"バンコマイシン"に対する薬剤耐性を獲得した腸球菌。詳しくは"ここ"を見てみると良いかと。ちなみに、更に病原性の高いバンコマイシン耐性ブドウ球菌(VRSA)というのもある。


■入院診療報酬 減額見直し…政府・与党(読売新聞)

患者の入院期間が90日を超えると診療報酬が減額されるようになってたんですが、これが改められる方向に。患者を無理に退院させようとする病院が出るから、って言うんだけど赤字になるんだからこれは仕方ないだろ。病院が悪いというよりはそんな制度にした国が悪いんだから改正されて当然。


■最新医療 嚥下内視鏡検査(読売新聞)

これは便利かも。
造影剤いれる方法よりも利点が多そうですね。ちなみに鼻から入れるタイプの内視鏡はGMもノドをやけどした時に耳鼻咽喉科で使ってもらったことがあるけど、全然苦しくないし違和感も殆どなかったのでかなりオススメですよ。


■難病患者からiPS細胞作製 米大チーム、病態解明に光(asahi.com)
iPS! iPS!


■食べるナビ:お年寄りにも優しいスープを作りたい。(毎日新聞)

施設で出すならとろみをつけた方がより食べやすいかな?スープ食べたくなってきた・・・。


■高齢者に人気のリカンベント自転車(msn産経ニュース)
↓こういう自転車です↓

海外じゃ老若男女問わず使ってる人が多い。でも普通の自転車屋じゃ殆ど売ってないんですよね。
乗ってみたいなぁ。


↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

【要チェック】介護保険最新情報vol.40が公開中 各種介護サービスにおける書類仕事(事務手続き)が簡略化されますよ、という通知です

■「「指定居宅サービスの要する費用の額の算定に関する基準(訪問通所サービス、居宅療養管理指導及び福祉用具貸与に係る部分)及び指定居宅介護支援に要する費用の額の算定に関する基準の制定に伴う実施上の留意事項について」等の一部改正について」及び「指定訪問介護事業者の指定申請等におけるサービス提供責任者の経歴に係る提出書類の取扱いについて」 の発出についての送付について(平成20年7月29日)介護保険最新情報VOL40(三重県のサイト)

厚生労働省(中央合同庁舎第五号館)


資料1 資料2 資料3 資料4 資料5


資料1~資料4(老計発第0729001号)は各介護サービスの書類作成の簡略化などが主な内容。前から厚労省が言ってましたね、これ。

結構なページ数ですが、加算算定時の事務手続き簡略化についての説明が大部分を占めている感じなので、時間が無い方はまず自分の事業所に当てはまる部分を読むと良いかもしれません。

例えばデイサービス(通所介護)の「個別機能訓練加算」の場合なら、 

『個別機能訓練計画に相当する内容を通所介護計画の中に記載する場合は、その記載をもって個別機能訓練計画の作成に代えることができるものとする。』

といった具合の内容が書かれています。
書類を分けて作る必要はないよ、ということですね。

通所介護、短期入所、リハビリ、特定施設、福祉用具貸与、居宅療養管理指導、介護予防サービス、地域密着型サービス、特定診療費、訪問看護、介護サービス計画書の様式及び課題分析標準項目、サービス担当者会議、住宅改修費など、居宅サービスに関する事項がメインな内容となっています。ほとんどの事業所の方に関係があると思われるので要チェックですよ。

尚、資料5(老振発第0729002号)の方は、訪問介護のサービス提供責任者の経歴にかかる書類(都道府県に提出する申請書類)で、「経歴」とみなす書類についての説明が記されています。訪問介護事業所の方はこちらもチェックが必要ですね。


それにしても今回は資料のタイトルが長すぎ。
タイトルも簡略化すれば良いのに、とか思ってみたり(笑)。


↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

社会保障の機能強化のための緊急対策~5つの安心プラン~が公開中

■社会保障の機能強化のための緊急対策~5つの安心プラン~(平成20年7月29日:WAM NET)

厚生労働省(中央合同庁舎第五号館)



7/31付けでWAMNETにて上記の資料が公開されました。大して重要な資料と言う訳では無いですが、厚労省が現在考えている施策が簡単にまとめてあります。

読んでる暇が無い、という方は4つある資料の内の【PR版】という資料を読めば全体の概要くらいはわかりますよ。ちなみに5つの安心プランの内訳は以下の通り。

1 高齢者が活力を持って、安心して暮らせる社会
2 健康に心配があれば、誰もが医療を受けられる社会
3 未来を担う「子どもたち」を守り育てる社会
4 派遣やパートなどで働く者が将来に希望を持てる社会
5 厚生労働行政に対する信頼の回復


5つのプランの細かいところを見ると、高齢者の就労支援ではテレワーク(パソコン等を使った在宅ワークのこと)に重点を置いたり、介護予防サービスも中身を見直しつつ更に継続・推進しようとしている模様。

テレワークとか言われても高齢者にはそれが向いているのかどうか、とか、介護予防の継続ねぇ・・・色々と改善するようだけど改悪になりゃしないのかねぇ、とか思ったりもするのですが、これはあくまでGMの私見。実際のところは施策の内容を見てみないことには何とも言えません。


お時間のある方はご自分で一度読んでみてはいかがかと。


↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

訪問者数
最近の記事
プロフィール

特養事務員GM

  • Author:特養事務員GM
  • このブログは更新終了しています。記事の内容には現状と異なる部分がありますのでご了承下さい。
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
高齢者福祉・介護ランキング

人気ブログランキングへ

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。