介護メインの福祉情報blog。たまに独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/31の福祉・医療ニュースヘッドライン

明日からいよいよ新しい介護報酬下での業務がスタートしますね。

介護事業所の方々は書類を作り変えたり、利用者の方への説明を行ったり、新制度の知識を勉強したりと大変な時期だと思います。しばらくは忙しい日々が続くと思いますが、どうか体調に気をつけて頑張って下さい。ちなみにGMはちょっと風邪気味だったりします。冬場は大丈夫だったのになぁ・・・。

では、平成20年度最後のヘッドラインニュースを以下から...


【本日のヘッドラインニュース】

■介護従事者の待遇改善に1兆円 厚労省、補助金を検討(asahi.com)
財源は税金。つまり保険ではない訳です。財源については税負担で基金を作る、としか記事では触れていないので何ともコメントのしようがないのですが、仮にこの案が実現するとしても一時的なものにしかならないような印象を受けます。本当に待遇改善を図りたいのであれば、配分バランスを充分考慮した上での介護報酬の本体部分の報酬アップを目指すべきでしょう(難しいのは承知していますが)。本当に介護職員が必要としているのは"一時給付金"的なその場限りの援助ではなく、最低限の人生プランが描けるような将来的に持続可能な待遇改善策だと思うのですが。待遇改善の問題を政争の具にされるのだけは御免被りたいが、はてどうなることやら・・・。


■【ゆうゆうLife】新介護認定、4月スタート 寝たきりでも「自立」(msn産経ニュース)
認定調査をおこなう職種の方は「認定調査員マニュアル」の修正版(介護保険最新情報vol.70)をよく読んでおいて下さいね。


■在宅末期患者の容体急変、医師の車が「救急車」(日本経済新聞)
4月から、容体が急変した患者宅に駆けつける医師の車「緊急自動車」として認められることになりました。救急車のように道路を優先的に走行できます。サイレンや回転灯の設置などの条件を満たしていれば良いようです。これで一人でも多くの人が救われるようになれば・・・。


■介護ロボット実用化へ支援…経産省方針(読売新聞)
介護関係者の中には反対派も未だに根強くいるけど、将来を見据えれば必要なことだから是非ともやってほしい。既にロボットは様々な場面で活躍してるしね。こんな感じのロボットも実用化されつつあるし↓
■心臓手術を支援するロボットの開発に成功(読売新聞)
開発者の方々には人類の可能性を広げるためにも頑張って欲しいです。


■東京23区生活保護受給者261人、無届け有料ホームに(asahi.com)
「法的に届けられた施設が望ましいが、絶対数が足りない以上、無届け施設への入所も避けられないのが現状」。これが問題かな。要は、行き場の無い人を受け入れ可能な施設のキャパが少なすぎることが生んだ問題。


■ペットによる転倒でけが、毎年8万件に=米調査(ロイター)
GMの祖父も散歩中に犬に綱を引っ張られて転倒したことがありましたね。ペットを飼っている高齢者が家族にいる方はご注意を。

↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【GMの九州グルメ紀行】 あっさり味のスープが決め手! 熊本名物"太平燕"(たいぴーえん) くまもと阪神8階 「中華園」

くまもと阪神8F「中華園」の名物料理
介護保険がらみのネタじゃなくて申し訳ないのですが、先日行った九州旅行で食べたものをご紹介。まぁ気分転換ということで(笑)。
九州へ来たからにはご当地グルメを味わわなければ気が済まないということで、まずは熊本へ来てすぐに食べに行ったのが、熊本の名物麺料理"太平燕"(たいぴーえん)
続きを読む

九州に旅行に行ってきた件につきまして

3月27日の記事の冒頭で少し触れましたが、先日、九州へ私用で行ってきたのです。

「プレ新婚旅行」という感じですね。昨年の秋に結婚したものの、ちゃんとした新婚旅行はまだ行くところが決まってないんですよ。でも、たまたまGMの勤務シフトの調整関係で3連休がもらえたので、嫁さんが「新婚旅行で行くつもりはないけど一度行ってみたい所」という熊本の阿蘇へ行く事になりました。

博多駅
続きを読む

3/27の福祉・医療ニュースヘッドライン

熊本ではもう桜が・・・
先週、私用で九州(福岡と熊本)に行って来たんですが、場所によっては桜が満開に。桜の種類によっては葉桜になっているものもありました。さすがは南国だなぁと実感。気温も暖かかったしごはんも美味しかった。九州、大好きです。

それでは久々にヘッドラインニュースを以下から...
続きを読む

「認定調査員テキスト2009」の修正版が公開されました(介護保険最新情報vol.70も公開) 

■認定調査員テキスト2009(平成21年3月24日厚生労働省老健局 )
厚生労働省(中央合同庁舎第五号館)


当ブログの3/19記事で紹介した介護保険最新情報vol.66vol.67で言及されていた認定調査項目の明確化をおこなった修正版テキストが厚生労働省のサイトで公開されています。 ちなみに介護保険最新情報の「vol.70」も公開。

■本年4月からの要介護認定方法の見直しについて-介護保険最新情報vol.70)

厚労省は「3月下旬までに出す」と言っていましたので一応予定通りであるとは言えますね。要は解釈の明確化がおこなわれたテキストです。

認定調査をおこなう職種の方々は内容の確認を行う必要があると思われます。要チェックな資料ですね。

↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

平成21年4月改定分「介護給付費単位数等サービスコード表」が公開中【重要】

4月改定のサービスコード表が掲載。
■介護保険事務処理システム変更に係る資料(確定版)-WAMNET
平成21年4月改定分「介護給付費単位数等サービスコード表」

4月改定分の介護サービス(予防サービス・地域密着型サービス含む)の「介護給付費単位数等サービスコード表」がWAMNETの上記資料で公開されています。これまで公開されていたサービスコード表は(案)という形での物ばかりでしたが、こちらは正式版(確定版)となりますので、関係者の方々はこちらを保管するようにして下さい。

あとは各介護サービスの「介護給付費明細書」の様式やら何やらも掲載されています。関係者の方は要・必見。

↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

平成21年度介護保険制度改定・最新リンク集

平成21年4月の介護保険制度改定に関する通知や資料へのリンク集です。
続きを読む

平成21年4月改定関係Q&A vol.1がついに公開されました【重要】

■平成21年4月改定関係Q&A(Vol.1)について(介護保険最新情報VOL69・三重県)
厚生労働省(中央合同庁舎第五号館)


待ちに待っていた平成21年度介護報酬改定Q&Aの第一弾が遂に公開されました。ページ数は計51ページ。加算の要件など細かい点に関して気になっていたあんなことこんなことが掲載されている重要な文書ですので介護関係者の方は必見

まだ見ていない方は要チェック必須ではないかと。

↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

「通所リハビリテーション事業所における介護給付費算定に係る体制等に関する届出について」が公開中 

■指定通所リハビリテーション事業所及び指定介護予防通所リハビリテーション事業所における介護給付費算定に係る体制等に関する届出について(平成21年3月18日付事務連絡・三重県長寿社会室HPより)
厚生労働省(中央合同庁舎第五号館)


通所リハ(予防含む)についての資料です。

平成21年度介護報酬改定において、病院診療所については通所リハビリテーション事業所のみなし指定を受けることになっていますが、実際に介護給付費を請求する場合は他の介護サービス事業所と同様、届出が必要になる、ということを記した資料です。

通所リハビリテーションをおこなう病院や診療所の方は必見ですね。

↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

要介護認定の見直しについて&要介護認定に関する報道について(介護保険最新情報vol.66&vol.67)

当ブログの平成21年度介護保険制度改定・最新リンク集にも既に追加しておりますが、「要介護認定に関する報道について」(介護保険最新情報VOL67)と 「要介護認定の見直しについて」(介護保険最新情報VOL66)という資料が三重県のサイトその他で公開されています。

まぁ何と言うか、要は新年度からはじまる新基準での介護認定がらみの資料なんですが、皆さんも内容は恐らく新聞やニュースで御覧になっていることと思います。こんな感じで↓

■要介護認定:新認定基準、3カ所を修正--厚労省(毎日新聞)

知らない方のためにこんな騒ぎになっている状況を簡単に説明しますと、

新しく始まる介護認定の方法では、今まで介護度が高かったはずの人が軽度と判定されてしまうという懸念が生じたため世論が猛反発。これに慌てた厚労省が、施行前の制度をいきなり見直すという事態に発展。現在に至る。


というのが現在の状況。
わかりやすく例えるなら、「4月から販売される予定だった自動車が、発売前からリコールになってしまった」、と言うような状態だと考えてもらえば概ねOKです。

正直、どの範囲まで見直されるのかが現時点(3月19日深夜1時)ではまだ正確にはわからないのですが、前述の「介護保険最新情報vol.67」の下の方に"3月下旬までに認定調査項目の明確化を行ったテキストや通知を出す"と書いてありますので、詳細についてはしばらく待たなければなりませんね。

今回の見直しについては、個人的には一部報道で話されているような大幅な見直しではなく、世論を鎮めるための微調整程度で済まされるんじゃないかなと思ってます。言葉いじりで終わるんじゃないかな、と。新基準の大筋はすでに出来上がってる物ですから、メンツ重視のお役人がこの期に及んで大幅な見直しに踏み切ることはまず無いような気がします。資料でも「解釈の明確化」となってるだけですし。

不備な点が修正されることはその逆よりも良いことだとは思いますが、実施1ヶ月前を切った状態での見直しには先行きの怪しさを感じざるを得ません。

新基準での介護認定、早くも暗礁に乗り上げたかな・・・?


↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

介護保険最新情報VOL65「介護保険法施行規則の一部を改正する省令の施行について」等の発出について(平成21年3月13日)」が公開されました

■「介護保険法施行規則の一部を改正する省令の施行について」等の発出について(平成21年3月13日介護保険最新情報VOL65(三重県長寿社会室)
厚生労働省(中央合同庁舎第五号館)


各種基準の解釈通知、様式・手順の通知が改定されていますので、未チェックの方は確認されておかれた方がよろしいかと思います。内容は以下の通り。

★表紙

★介護保険法施行規則の一部を改正する省令の施行について(平成21年3月13日付課長通知)

★・「指定居宅サービス等及び指定介護予防サービス等に関する基準について」の一部改正について(平成21年3月13日付課長通知)
(別紙1)報酬以外の人員基準等に係る解釈通知の新旧対照表
(別紙2)別紙1の地域密着サービス分
(別紙3)事業所評価加算に関する事務処理手順等
(別紙4)通所リハビリにおける理学療法士等の人員基準・報酬上の取り扱い
(別紙5)リハビリテーションマネジメントの基本的考え方
(別紙6)介護老人保健施設入所者の往診等
(別紙7)栄養マネジメント加算・経口移行加算等の手続き・様式例
(別紙8居宅サービスにおける栄養ケア・マネジメント等に関する手続き・様式例
(別紙9)口腔機能向上加算等の手続き・様式例
(別紙10)介護報酬算定に係る体制等に関する届出書の記入上の注意点
(別紙11)介護給付費請求書等の記載上注意点
(別紙12)介護保険の給付対象となる福祉用具の解釈通知の新旧対照表
(別紙13)住宅改修の理由書の新旧対照表

★居宅介護支援費退院・退所加算(I)・(II)に係る様式例の提示について(平成21年3月13日付老健局振興課長通知)

★事業所評価加算の平成21年度における特別措置について(平成21年3月13日付課長通知)


個人的には様式例が提示されているのは好印象でした。参考になりますからね。全部で170ページという大部な資料ですので、全部読もうとするのは少々骨が折れると思います。まずは自分の事業所のサービス分だけでも目を通しておかれることをお薦めいたします。

ちなみに全国老施協のホームページにも同じものが公開されていますので、そちらで読まれたならこちらは不要です。

↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

「指定地域密着型サービスに係る市町村独自の高い報酬 の算定について」の一部改正について」の発出について が公開中

 ■「「指定地域密着型サービスに係る市町村独自の高い報酬 の算定について」の一部改正について」の発出について(平成21年3月13日)介護保険最新情報VOL64(三重県長寿社会室)
厚生労働省(中央合同庁舎第五号館)


市町村が通常より高い介護報酬の算定基準を設定する場合の注意事項、とも言える資料です。平成21年度介護報酬改定で報酬告示の一部が改正されたことに伴い、内容も変更されています。

地域密着型サービスをおこなう事業所の方は要チェックな資料ではないでしょうか。

詳しくは資料をご覧になってみて下さい。

↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

3/10の福祉・医療ニュースヘッドライン

近々、GMの施設がある市の市役所で平成21年度介護報酬改定に関する説明会が開かれるので出席してきます。今から興味津々です。

【本日のヘッドラインニュース】
■「病院の言葉」を分かりやすくする提案-最終報告(国立国語研究所)

医療・介護従事者の使う言葉がわかり辛いということで「国立国語研究所」という機関が、専門用語の言い換えや分かりやすく伝えるための指針を作成しようとしている、という事を当ブログの昨年7月の記事で紹介しましたが、その最終報告が公開されています。下手に言い換えると病気や症状の説明が不足する可能性がある、という理由もあるのでしょうが、そもそも相手に説明しても意味が通じなければ言ってないのと同じこと。どんな相手にでもわかりやすく説明できるのがプロのプロたるゆえんだと思うのですが。

■認知症施設にスプリンクラー(読売新聞)
費用問題がやはりネック。ちなみに小規模施設におけるスプリンクラー設置については交付金があります。詳しくはこちらへ。

■家族が危ない:シリーズ介護・第2部/3 貯蓄崩さず生活できた(毎日新聞)
■独身息子の母介護(1)仕事辞め、精神的に追い込まれ (msn産経ニュース)
■独身息子の母介護(2)働き盛り、伝わらない情報(msn産経ニュース)
家族への支援は高齢者への支援と併せておこなう必要があります。特に男性の方には注意してあげてほしい。現金給付の可否については意見が割れるのだろうけど、介護時に一番必要なもののひとつはお金だ、というのも偽りなき事実ではあると思います。

■認知行動療法のすすめ(中日新聞)
やり方ひとつで効果には差がでそう。

■50歳からの運動、禁煙と同程度の効果 研究結果(AFPBB NEWS)
やっぱり運動はいくつになっても良いんですね。GMももうすこしがんばらねば・・・。

↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

3/6の福祉・医療ニュースヘッドライン

今日のニュースはこちら...

【本日のヘッドラインニュース】
■来月から介護報酬アップ  人手不足解消なるか(中日新聞)
なる訳が無い。何度もこのブログで主張してきましたが、この程度の報酬増では、これまで行われてきた介護報酬ダウンによる法人の経営体力低下の傷は容易には消える訳も無く、すぐに給与に反映できるとは思えません。食材費の高騰などもありましたし。

■介護福祉士:離職理由「給与などの悪さ」 「潜在」調査(毎日新聞)
介護の世界に戻りたくても戻れないというジレンマ。うちの特養を過去に退職した人も賃金を理由に挙げた人は実に多いです。

■ケア付き住宅推進に向け高齢者居住確保法改正へ 高専賃にも登録基準(シルバー新報)
高専賃に新たな登録基準が。これは必要なことですね。

■介護担う男性(上)家事不慣れ 支援足りず
■介護担う男性(下)取りにくい休業 やむなく退職も
読売新聞の記事。こういう事例はとても多いと思います。この年代の男性には家事が苦手な人が多いし、介護休業もとりにくいしで大変だと思う。仕事を辞めると収入が激減するから介護サービスも使いにくくなるし。公的な支援は言うに及ばず、企業側の努力ももう少し望みたいところです。でもこの不況下では状況は厳しくなるばかり・・・。

■アルツハイマーの症状抑制→漢方薬の効能裏付け…阪大グループ(読売新聞)
これは良いニュース。

■アルツハイマー専用人間ドック、九州大病院が開設へ(asahi.com)
アルツハイマー専門の人間ドック、というのは初めて聞いたなぁ。おもしろい試みだと思います。

■柵や手すりで事故多発 介護ベッドのJIS規定、強化へ(asahi.com)
これで少しでも事故に遭う人が少なくなれば良いのですが。


↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

3/4の福祉・医療ニュースヘッドライン

昨日、来年度からおこなわれる介護報酬改定に係る「官報」が公表されました。
官報

昨日の内に右側のリンクに追加しておきましたが、こういうものを見るといよいよなんだなぁという感じがしてきますね。あとはQ&A待ちかな。

それでは本日のヘッドラインニュースはこちらから...

【本日のヘッドラインニュース】
■慶大、がん転移の仕組み解明 治療薬の開発に道(asahi.com)
今日の一押し記事はこれ。がんが克服される日も近いか・・・?

■東京の特養ホーム 集団肺炎10人発症、1人死亡(asahi.com)
発症者からは肺炎球菌が検出。うちの特養ではワクチン接種をすすめていますが、自由診療で全額自費なのがネックとなっています。大体6000円~9000円くらいが相場でしょうか(脾臓摘出されていれば公費負担です)。自治体によっては公費助成されているところもあります。ワクチンを打てば必ず肺炎にならないというものではありませんが、一定の効果は望めると思いますので、高齢者がいる家庭の方は予防接種を検討してみてはいかがでしょうか。尚、既に予防接種を受けた事のある方は、日本の法律により再接種はできないのでご注意下さい。

■81歳、喜びの卒業(asahi.com)
いくつになっても向学心は忘れずにいたい。

■生活保護支援 ケースワーカー悲鳴(読売新聞)
対象者が多すぎて手が回らない、という記事。大変そうですね。

■「花粉症に効くコメ」お蔵入り? 商品化に企業二の足(asahi.com)
厚労省の待ったがかかりお蔵入りに。医薬品扱いになってしまうために認可に係る時間や手間が膨大で、企業側の買い手が付かないみたいです。何とも。

↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

「要支援」の認定を受けた施設入所者の経過措置が終了します<介護保険最新情報vol.62> 

■要支援者である介護保険施設入所者に対する経過措置の終了に伴う対応について(平成21年2月27日)介護保険最新情報VOL62(三重県長寿社会室)
厚生労働省(中央合同庁舎第五号館)

平成18年3月31日以前に介護保険施設に入所していた人で、4月1日以降に要支援の認定を受けた場合、経過措置として3年間はそのまま施設に居られることになっていたんですが、その経過措置がもうすぐ切れますよ、というお知らせが出ています。該当する方がいる施設の相談員さんや担当の方は「地域包括支援センター」と連携をとって、退所等の手続きを円滑にとりおこなえるようにして下さいね。

ちなみにGMの施設に該当する方はいませんが、認定調査の中身が変わる来年度以降はどうなるか不透明。「要介護」なのに「要支援」と軽度判定されて退所する人が出てくるんだろうか。

心配です・・・。

↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング
訪問者数
最近の記事
プロフィール

特養事務員GM

  • Author:特養事務員GM
  • このブログは更新終了しています。記事の内容には現状と異なる部分がありますのでご了承下さい。
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
高齢者福祉・介護ランキング

人気ブログランキングへ

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。