介護メインの福祉情報blog。たまに独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤の花を見に行ってきました

藤棚
藤
立派な藤棚。
どこに行ってきたかというと・・・
続きを読む
スポンサーサイト

豚インフルエンザ感染拡大 WHOが「国際的緊急事態」と発表

■【豚インフル】メキシコ死者81人に WHO「国際的緊急事態」と認定(msn産経ニュース)
A型インフルエンザウイルス

最近、何やらニュースや新聞などで「豚インフルエンザ」が大々的に報道されていますね。

感染被害が拡大しているメキシコ政府の報道によると、豚インフルエンザが疑われる感染者は1324人、死者は81人に増えているんだそうです。隣りのアメリカでも8人が死亡。

現在、WHO(世界保健機関)の豚インフルエンザへの警戒レベルは6段階中の(人から人への感染はないか、極めて限定的)のままで、4の「人から人への感染が増加している証拠がある」への段階引き上げは「情報収集中」として見送ったそうですが、予断を許さない状況になっています。

怖いですね。もうすぐGWだし、海外旅行に行く人は要注意だと思います。

しかし、鳥だの豚だの、美味しそうな動物から感染するインフルエンザというのはおっかないですね。先日グルメレポートをした馬にも、実は「馬インフルエンザ」というものがあるみたいなんだけど、こちらは人には感染しないらしいです。ちょっと安心。

あと、牛も大丈夫らしいんですが、こっちは狂牛病がありますよね。なんだか好きな食べ物ばかりひどいことになってるなぁ、と少し残念な気分。

あ、あと余談ですが、今日仕事の帰りに近所のスーパーに寄ったら、豚肉がきれいさっぱり売り切れてて、一人で売り場前で笑ってしまった(笑)

対岸の火事で済んでるうちは良いけれど、さて・・・。

↓ブログランキング参加中。あなたの1クリックにいつも感謝です。
人気ブログランキング

ほめられたい人におすすめなサイト

いつも職場でうまくいかない、最近元気がない、自分のことを評価してもらえない・・・などと感じている介護職員の方にもオススメです。

■ほめられサロン(kakula.jp)


・・・元気出ましたか?
しかし、
「GM、電卓打つ手がみえねぇ~な」
と言われたときには笑ったw
いつもは「電卓打つ音がうるさ過ぎ」としか言われたことないもので(笑)

ブログパーツもあるみたいなので、気に入った方は使ってみても良いかも知れませんよ?(笑)。

↓ブログランキング参加中。あなたの1クリックにいつも感謝です。
人気ブログランキング

「高額医療・高額介護合算制度」の受付が8月から開始 世帯内で医療保険が異なる場合は要注意

■高額医療・高額介護合算制度の今後のスケジュール等について(介護保険最新情報vol.81:三重県長寿社会室)

「高額医療・高額介護合算制度」と言われる制度の受付事務が8月から開始されます。

現在、みなさんが医療や介護に支払った金額が自己負担限度額を超えた時には、超えた分の額が支給される制度があるのですが(医療では高額療養費・介護では高額介護サービス費)、更にその自己負担を軽減する目的で、あらたにこの制度は設けられました。

平成20年度分は4月1日から今年の7月31日まで、平成21年度からは8月1日から来年の7月31日までが対象です。

この制度は、同じ医療保険制度の世帯内で、1年間の医療保険と介護保険の両方の自己負担を合算した額が高額で、自己負担限度額に500円を超えた額以上になる場合に支給されます。

給付額は医療保険、介護保険双方で按分して、それぞれの保険から支給されるのですが、困った事に難点が一つ。

上記の記述にもありますが、この制度、異なる医療保険の間では合算が出来ないのです

例えば、75歳の夫と70歳の妻の世帯の場合。

夫は自動的に後期高齢者医療制度に加入します。妻は国保だと考えて下さい。

夫は医療費、妻は介護サービス費を、各々かなり高額に使用したとします。

この場合、

医療保険制度が同一ではないので、この制度の恩恵には預かれません

まぁ、医療保険が同一な世帯なら問題は無いし、従来はそもそも合算は出来なかったじゃないか、と言われればそうなのですが、せっかく介護保険と医療保険の組み合わせが認められるようになったのに、「なんて中途半端な制度にしたんだろう」、と少々がっかり。

世帯で医療保険の種類が違う、なんてことは非常によくある事なので、この点に関しては残念です。皆さんもこの制度を利用する際には充分気をつけて下さいね。

↓ブログランキング参加中。あなたの1クリックにいつも感謝です。
人気ブログランキング

要介護認定等の方法の見直しに伴う経過措置について

この記事、すでに記事をUPしてたつもりでしたが、うっかり上げ忘れてました(笑)。

■要介護認定等の方法の見直しに伴う経過措置について(介護保険最新情報vol.80:三重県長寿社会室)
要介護認定等の方法の見直しに伴う経過措置について(平成21年4月17日)介護保険最新情報vol.80


当ブログの"4月14日の記事"で取り上げた、要介護認定の新基準が再び見直しされるという件に関する行政資料です。枚数は15ページ。

要するに、新基準で要介護度が軽くなった場合でも、利用者本人の申請があれば、以前の介護度に戻すことができるということを示した文書です。新方式での介護認定で介護度が重く判定された場合には、そのまま新しい認定結果でいくことも可能。


ケアマネさんは必読の文書だと思います。
乞う、必見。

↓ブログランキング参加中。あなたの1クリックにいつも感謝です。
人気ブログランキング

平成21年4月改定関係Q&A Vol.2

早くもQ&Aの第2弾が発出。

■平成21年4月改定関係Q&A(Vol.2)について(宮城県保健福祉部介護保険室・介護保険最新情報vol.79)
平成21年4月改定関係Q&A Vol.2
ページ枚数は計18枚で、問答数は43個。

特に記述が多く割かれているのは「通所リハビリテーション」に関する事項で、8ページの(問20)から11ページの(問28)まで計4ページ、全部で10個の質問事項について結構突っ込んだところまで解説されているようですので、関係者の方は必読です。

GMは通所リハビリに関しては勤務する施設がリハをやってないこともあって、やや疎いところがあるのですが、今回の改正ではかなり混乱の様相を呈しているサービスのようですので、関係者の方は要チェックかと思います。

※ちなみに今回のソースの出所は、GMがいつもリスペクトしているサイト、「介護保険情報BANK」さん。GMのブログはここに啓発されて立ち上げたみたいなもんです。たまたま見たら掲載されてたので便乗させていただきました(笑)。

しかし、この人の更新頻度は半端じゃないですね。GMも負けじと結構スピーディーに記事を見つけてブログに取り上げてるつもりなんだけど、この人は平日の昼間でもしょっちゅうサイト更新してるんですよね。ホントすごいです。仕事、何やってる人なんだろうか・・・。介護職かもしれんけど、それにしては平日昼間の更新数が多いしなー。勤務時間中にサイト更新できるくらいだから施設長とかの偉いさん?自営業?まさか無職なんてことは無いだろうし・・・。

謎ですねぇ・・・。

↓ブログランキング参加中。あなたの1クリックにいつも感謝です。
人気ブログランキング

「バリアフリー2009」へ行ってきた(番外編) HONDAの「リズム歩行アシスト」を体験してみた 

謎の整理券(笑)
手にもった謎の整理券
向かった先は・・・?

本文は【続きを読む】からどうぞ...
続きを読む

「バリアフリー2009」へ行ってきた(後編) 

【前編からの続きです】

福祉車両や車椅子のある「4号館」
こちらが福祉車両や車椅子などの移動関係機器を展示している4号館

本文は【続きを読む】からどうぞ...
続きを読む

「バリアフリー2009」へ行ってきた(前編)

インテックス大阪
福祉機器の総合展示会「バリアフリー2009」が大阪の南港にある「インテックス大阪」で開催されたので休日を利用して見に行ってきました。GMは4回目の参加です。

本文は以下の【続きを読む】のボタンから...
続きを読む

「介護保険最新情報vol.75、76」が公開中

■介護保険最新情報(鳥取県長寿社会課)

鳥取県庁

★「介護分野における経済危機対策について」
■介護保険最新情報vol75

★「要介護認定の見直しに伴う経過的措置の「第1回要介護認定の見直しにかかる検証・検討会」における議論について」
■介護保険最新情報vol.76-1
■介護保険最新情報vol.76-2

普段、三重県のサイトばかり紹介しているので、たまには他県のサイトもご紹介しておきます。余り同じところばかりだと飽きられちゃうかな、と思ったもので(笑)。

『vol.75』については既知の事項ばかりなので、読む必要は特にないです。参考程度、といった所でしょうか。

『vol.76』は、要介護認定の新基準を再び見直すこととなった経緯や経過措置の事などが掲載されています。こちらは読んでみても良いかもしれません。GM的に。

例えば、vol.76の「第1回要介護認定の見直しに係る検証・検討会における主なご意見」を読んだ時のGMの正直な感想はこんな感じ↓

○今回の要介護認定の見直しについては、利用者や認定調査員への周知徹底が不足していたのではないか。

ちゃんと周知徹底されていましたよ?
今回の介護認定が欠陥だらけだ、という方面で


○ 利用者の立場に立った上で、利用者の声をしっかりと受け止め、要介護認定の公正性や透明性の観点から議論すべきではないか。


今さら何を言っているんですか?


○ 今回の検証では、従前の要介護度との比較だけを行うのではなく、認定のバラツキを解消することや介護の手間をきちんと反映させるといった今回の要介護認定の見直しの趣旨についても、どこまで的確に実施できているのかを検証すべきではないか

言うまでも無く、そんなことは当然だと思うのですが。

・・・とまぁ、ここら辺だけを読めば、素人が井戸端会議で話しているようなレベルでしかない訳でして、そもそも専門家がわざわざ検討会を開いて資料配布してまで相談してるようには到底見えない。ある意味、「オレ、そんなことになるなんて思ってなかったんだよーぅ」という言い訳じみた文書に見えたり見えなかったり。

詳しくは皆さんご自身で確かめてみて下さい。

↓ブログランキング参加中。あなたの1クリックにいつも感謝です。
人気ブログランキング

要介護認定の新基準、再び見直しへ

■介護認定、再見直しへ=旧基準適用の経過措置も-厚労省(時事通信社:4月13日記事)


また見直しのようですね。制度改正の直前の3月にも、慌てて一部変更がかけられたばかりで、当ブログ3/19記事でも今後の先行きを大いに懸念していたのですが、今度は始まった矢先の変更です。

無論、批判が多い新基準での介護認定を見直してもらうことはGMも必要なことだと思うのですが、これでは現場と、なにより利用者さんへの混乱を招くばかり

ちなみに新聞各紙によると、見直しの検証には半年間ほどかかるようです。新基準で要介護度が軽くなった場合でも、利用者本人の申請があれば、3カ月から最長2年間、従来基準の要介護度に基づくサービスを受けられるようにする、という事らしいですね。

■厚労省:新基準検証中は要介護度「維持」(毎日新聞)

■要介護度、新基準で下がっても従来のサービス継続 厚労省検討(日本経済新聞)


でも、これもGMにはしっくりこないんですよ。

個人的には、「利用者の申請があれば」とか、「3カ月から最長2年間」等では無く、全員、介護認定の方式が改まるまで旧制度のまま凍結、という方が望ましいと思います。

国のやり方自体に問題があるのに、利用者に自己申請させる、とか期限を区切る、というのはおかしいと思いませんか?

呆れて物も言えない、とは正にこの事です。一刻も早く内容の検証を行って、新基準の改定をおこなって欲しいものですね。


あと、余談ですがここ数日、

介護認定の新基準によって厚生労働省が介護給付費の抑制を誘導していた可能性を示す「内部文書」が存在するのではないか?

という話題がニュースで報じられていましたが、やはりそれは真実だったようです。

■「要介護認定軽くし給付費を抑制」 厚労省が内部文書(msn産経ニュース:4月13日)


介護給付費の抑制が目的だったことは業界関係者はおそらく皆がわかっていた事とは言え、こういうものが具体的に出てくると憤りを感じざるを得ません。

今後の介護福祉の政策は、今まで以上に疑念不信感をもって見つめられることになるでしょう。

この混乱、しばらくは収まりそうもありませんね。

↓ブログランキング参加中。あなたの1クリックにいつも感謝、感謝です。
人気ブログランキング

【GMの九州グルメ紀行】 旨~いウマを食べてきた! 熊本名物"馬肉料理" 「菅乃屋 銀座通り店」

今日は先月の九州旅行で食べてきたグルメの話題などを。前回は「太平燕」という麺料理の体験レポートでしたが、今日は馬肉のレポートです。

熊本と言えば「馬肉料理」、ということで、熊本初日の夜に訪れたのがここ、「菅乃屋 銀座通り店」さん。

「菅乃屋」銀座通り店

市内に3店舗を構える有名店で、地元の人に「熊本で馬肉料理を食べるならどこがいい?」と聞くと、必ずここの名前が出るくらい人気があるお店です。県内に直営牧場を保有しており、鮮度と質については特に一級品との評判。

観光客のみならず、地元のグルメな方々や接待で取引先の方と一杯・・・などというシーンでも使われたりするお店のようです。

では、GMの感想を以下の【続きを読む】から...
続きを読む

平成21年4月改定関係Q&A(通所リハビリテーションにおけるリハビリテーションマネジメント加算及び個別リハビリテーション実施加算関係)が公開中

■平成21年4月改定関係Q&A(通所リハビリテーションにおけるリハビリテーションマネジメント加算及び個別リハビリテーション実施加算関係)について (介護保険最新情報vol.74:三重県長寿社会課

質問事項が4つ、枚数も4ページだけ、というQ&Aではありますが、通所リハビリを行っている事業所の方は必見でしょう。内容は以下の通り。

問1 自然災害・感染症の発生等で事業所が一時的に休業し、当初月8回の通所を予定していた利用者へサービスが提供できなくなった場合も、リハビリテーションマネジメント加算は算定できないのか?

問2 通所リハビリテーションのサービスで提供されているリハビリテーションの回数と通所リハビリテーション以外のサービスで提供されているリハビリテーションの回数を合算して、月8回を満たす場合には、リハビリテーションマネジメント加算を算定することは可能か?

問3 短期入所療養介護事業所と通所リハビリテーション事業所がリハビリテーションマネジメントの観点から、利用者についての情報共有をする場合の具体的な取り扱い如何。

問4 「高次脳機能障害(失語症含む)」、「先天性又は進行性の神経・筋疾患」については、月8回以下の利用であっても、個別リハビリテーション加算を算定できることとされたが、その他、どのような場合に個別リハビリテーション実施加算の算定が可能となるのか。


別ページのリンク集の方にはすでに掲載していますが、何となく見逃されそうだったので一応記事としてUPしてみました。

未読の方は確認しておいた方が良いと思います。


↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

「カロリーを消費する脂肪」が現実に存在するかもしれない

■Identification and Importance of Brown Adipose Tissue in Adult Humans(米"The New England Journal of Medicine" 4月9日記事)
今日のGMの夕食
年度末から年度始めは仕事で遅くなる機会が通常以上に多いため、この数日ほど深夜に夕食を摂る日々が続いてたりするのですが、こういう時はやっぱりカロリーがいつも以上に気になるもの。できれば食べないで寝ようとか、そんなことを考えたりもするのですが、やっぱりお腹が減ってたら眠れないし、食べないと何となく落ち着かないしで結局は食べてしまう。そりゃもうモリモリと。いつも以上に。ああ、健康なMY胃袋バンザイ

さて、そんなGMの気持ちに思わす肯いてしまう食いしん坊万歳な方々に耳寄りな研究報告が肥満大国・米国から届きましたのでお知らせしたいと思います。

乳児や子どもの体内にのみ存在して新陳代謝を促進し、体重をコントロールしたりカロリーを消費する役割を果たす「褐色脂肪細胞」。これが何と成人の体内でも機能しているらしいことがわかったのです。

この機能を応用できれば、肥満糖尿病の治療技術が飛躍的に高まるのではないでしょうか。体重制限をしている高齢者の方にとっても朗報なのかもしれませんね。GMも、これなら遅い時間に高カロリーな夕食を食べても安心です(断言)。

この研究によると、褐色脂肪細胞は新陳代謝のうち特に体重コントロール面に関わり、褐色脂肪細胞の存在する割合が高いほど、加齢に伴う肥満から身を守っているのだそうです。ちなみに、男性より女性の方が、この脂肪細胞が蓄積される割合は高いみたい(男性3.1%、女性7.5%)。

うーん。研究が進んでもGMには効果があまり出なくなってしまうのかな?やっぱりうまい話ってないもんですね。ちょっと残念かも(笑)。


【関連記事】
■夢のカロリー消費脂肪が成人体内にも、応用に期待 米研究(AFPBB NEWS)

↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

4/10の福祉・医療ニュースヘッドライン

うちの地域包括支援センターの保健師さんが休暇を利用して北海道に家族旅行に行って来たみたいでして。で、お土産にもらったのがこれ。
これが「じゃがポックル」です。封を開けてから慌てて撮影しました(笑)
シャクリ、とした食感でけっこう美味しかったです。北海道限定の商品だそうで、わざわざ並んで買ったものらしい。「GM君、いつも残業しててかわいそうだから」という事で頂きました。職場のおっかさんたちにはいつも気を遣ってもらってばかり。感謝感謝の毎日です。

それでは、近況報告も終わったところで「今日のヘッドラインニュース」を以下からどうぞ...
【本日のヘッドラインニュース】

■東京棄民 漂う高齢者 <上>追われるすみか
■東京棄民 漂う高齢者 <中> あふれる入所施設
■東京棄民 漂う高齢者<下> 広がる無届け施設
中日新聞の特集記事。
無届施設を運営してる会社はともかく、そんな施設に入所させた家族への批判なんかもあるみたいですが、特養に申し込みをしても数年待ちで、下手すれば入所できるかすらわからない、しかも在宅介護がうまく機能していない現状ではどうしようもなくて無届施設を選ばざるを得なかった、というケースも多々あるのです。ちゃんとした有料老人ホームは費用面で難しい事も多いし、無届けでも良心的なサービスを行っている所もあるでしょうし一概には何とも言えません。今回の無届け施設はかなりひどい運営をしているところではありましたが、そんな施設ですらニーズがある、という所に問題があると思います。受け入れ施設が足りていれば誰もこんな施設は選ばないでしょうから。


■介護職の賃金、月額1.5万円アップ 厚労省方針(asahi.com)
この措置と併せて、特養の緊急整備をするための助成金も増額するそうです。介護職員の給与アップに金を使うくらいなら、その分を施設建設資金に充てろ、という方もいると思いますが、施設という「入れ物」を作っても、職員という「中身」が集って定着してくれなければ意味が無いとGMは思うのです。ご理解いただきたいですね。


■写真使い会話「共想法」 新たな認知症予防法(msn産経ニュース)
どこかで見たことあるなぁ、と思ってたら、うちのブログの半年前の記事で紹介してました。


■福祉ナビ:高齢者の家庭内事故を防ぐには(毎日新聞)
まずは、お家の掃除整理整頓が大事。うちの訪問介護のヘルパーさんがよく言ってます。


■ピロリ菌+たばこ、胃がんリスク11倍 九大調査(asahi.com)
GM、大ピンチ。


■膵臓:甘み感じる細胞 糖尿病の新薬開発に期待(毎日新聞)
これは期待ですね。


■臓器移植法改正求め国会に請願 3万8千人署名(asahi.com)
今の日本医療の心臓移植の現状では、幼い患者は死ぬのを待つしかないと言っても過言ではない状況。国はいい加減、早急に対策を考えて欲しい。法改正には何年もかかるのが常だけど、数日ですら待てない患者だって大勢いるのだから。


■心臓移植実現は必要患者の3割、半数以上は海外(asahi.com)
移植を受けた患者の10年生存率は約9割。他国に頼らざるを得ない現状には本当に考え込まされますね。日本の患者が助かった代わりに、本来ならその臓器を受け取るはずだった現地の人が亡くなっているのかもしれないのですから。他国人の犠牲のもとで行われているのが日本の臓器移植の現状。お寒い限りです。


↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

介護保険最新情報vol.73 「「介護保険法及び老人福祉法の一部を改正する法律等の施行について」、 「介護サービス事業者に係る業務管理体制の監督について」等の送付について」が公開中

■「「介護保険法及び老人福祉法の一部を改正する法律等の施行について」、 「介護サービス事業者に係る業務管理体制の監督について」等の送付について」(平成21年4月6日)介護保険最新情報vol.73

事業者に法令遵守のための業務管理体制の整備の義務付け、複数の事業所を持つ事業者の本部への立入検査権、不正事業者による処分逃れ対策などを定めた法令の資料が発出されています。

コムスン事件を皮切りに、事業者の法令遵守についてはかなり重視されるようになりましたね。法令遵守責任者を定めたり、法令遵守規程を整備したりと何かとやる事は多いですが、これも事業者の責務ですからしっかりと進めて行かないといけませんね。

尚、新しい法律は5月1日から施行予定です。


↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

「「介護保険最新情報vol.70」の補足について」が公開中 介護保険最新情報Vol.72

 ■「介護保険最新情報vol.70」の補足について(介護保険最新情報Vol.72:三重県長寿社会課HPより)

当ブログ3/26記事で紹介している「認定調査員テキスト2009」に関する補足資料「介護保険最新情報Vol.72」として三重県のサイト他にて公開されています。

12月26日に配布された初期版テキストからの変更点を、ページ数入りで示してくれていますので、どこが変更されているのか手っ取り早く知りたい、という方には良いかもしれません。

確認済みの方も一度チラ見しておいても良いかも。

↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

介護給付費単位数等サービスコード表(確定版)が一部修正 (訪問看護に追加分あり)

■介護保険事務処理システム変更に係る資料(確定版の一部修正その2) WAMNET

サービスコード表が一部修正
右側の「平成21年4月制度改定の基本資料」の欄にも既にリンクさせていますが、サービスコード表の一部に漏れがあったらしく、その追加分が公開されています。

変更があったのは、訪問看護サービスコード表(予防含む)の下記の内容です。

居宅サービスコードの「3 訪問看護サービスコード表」のイの(3)、(4)、ロの(3)、(4)及び指定訪問看護ステーションの理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の場合の30 分以上1時間未満に『2人以上による場合(30 分未満)+254 単位』のサービスコードを追加


お間違えの無いよう、充分注意して下さいね。

↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

介護保険最新情報VOL71  「要介護認定等の見直しについて」が公開中

■要介護認定等の見直しについて(介護保険最新情報VOL71 -三重県長寿社会課)

要介護認定の具体的な実施、運用方法等の取扱いに関する資料です。

PDF形式のファイルで計14個も資料がありますので、全部読むには少々骨が折れそうに見えますが、ファイルの7個目からは「認定調査員テキスト2009」ですので、まずは前半部分からザッと目を通されると良いかもしれません。

計14個のPDF文書の内訳は以下の通り。

【1~2】 要介護認定等の実施について

【3】 介護認定審査会の運営について

【4】 要介護認定における「認定調査票記入の手引き」、「主治医意見書記入の手引き」及び「特定疾病にかかる診断基準」について

【5】 主治医意見書記入の手引き

【6】 特定疾病にかかる判断基準

【7~14】 「認定調査員テキスト2009」
 



制度改定がらみで読む資料が多くて大変な時期ですが、未読の関係者の方は要チェックではないかと。


↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

4/2の福祉・医療ニュースヘッドライン

先日から九州旅行で食べたグルメの紹介をチラホラとしていていますが、この熊本のお菓子もかなり美味しいですよ。九州以外でも売ってるのだろうか、これ。

別に宣伝する気はないので念のため(笑)。やわらかいカリントウみたいな感じのオヤツです。辛党のGMでも食べ出したら止まらん感じになりました。熊本へ出張などで行かれた際のお土産に悩んだら、これ買って帰ったら喜ばれると思います。おすすめです。あとは辛子レンコンとかかな。

それでは本日のヘッドラインニュースを以下から...

【本日のヘッドラインニュース】
■脳でロボット操作 脳波・血流を把握 ホンダなど新技術(asahi.com)
これはすごい!
近い将来、麻痺で体が動かない人がこの技術のおかげで脳波でロボットを動かして字を書かせるみたいな感じでコミュニケーションが取れるようになったりする日がくるんでしょうか。介護用ロボットにも充分応用可能な気がしますね。これは期待したい。


■老人ホーム:「無届け」が579施設 東京最多の103施設--厚労省調査(毎日新聞)
国は4月末までに無届け施設の緊急点検を実施する方針です。


■救命士の処置範囲広く 心肺停止前の点滴など 厚労省が検討(日本経済新聞)
2010年までに救急救命士の業務を拡大して、心肺停止前の点滴など3を行えるよう検討中なんだそうです。ついでに介護職の医療行為の問題についても議論を深めてほしいなぁ・・・。


■「不明年金」特定は2割、全容解明困難か…厚労省(読売新聞)
「最後のひとりまで調べる」などと調子の良いことを最初は言ってましたが、やはり調査は上手くいってないようですね。まぁ予想はしてましたが・・・。今度は調べる人手が足りないから税金使って職員の数を増やしますなどと言い出さないか不安です(笑)。


■10代の体力「長寿につながるかも」 戦時中の記録追跡(asahi.com)
今からやってもダメなんでしょうか。


■自称114歳のナイジェリア人宅からマリフアナ6.5トン( ロイター)
114歳でまだ農作業しておられるんですか(笑)。しかし年はともかく、いくらなんでも米と粉末の区別はつくんじゃないかな、という気もするんだけど。さてさて。


↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士国家試験 合格発表

■社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士国家試験合格発表(社会福祉振興・試験センター) 
紅白幕


3月末は国家試験の発表日だったんですよね。忙しさにかまけてすっかり忘れてました。少々タイミングを外した感はありますが、合格発表が掲載されているサイト(試験元のサイト)をご紹介します。

合格した方はおめでとうございます。
これからの益々のご活躍をお祈りいたします。あなたの助力を必要としている高齢者の方々の支えになって下さいね。

残念だった方は、上記サイトの「正答一覧」と自分の答えを見比べて弱点を究明し、次回の試験に繋がるように準備されることをおすすめします。

↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

ブログタイトルを変更

新ブログ名
年度始めでキリが良いこともあり、このブログのタイトルを「特養事務員GM~我が為すことは、我のみぞ知る」から、上記のブログ名へと刷新しました。

別に何か内容が変わった訳では無いんですが、大層な名前にしたらもうちょっと真面目にブログ更新するようになるかもと思ったりとか、以前までのブログ名だと「何に関するブログなのかさっぱりわからん」と友人に小馬鹿にされたためとか、まぁ大した理由など1ミクロンも無いというのが実情なのですが、何かしらブログに変化を付けたかったのも事実だったりするので、勢いでタイトル変えちゃいました。

中身は何にも変わっておりませんが、これからも何卒ご贔屓のほどを。


↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング
訪問者数
最近の記事
プロフィール

特養事務員GM

  • Author:特養事務員GM
  • このブログは更新終了しています。記事の内容には現状と異なる部分がありますのでご了承下さい。
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
高齢者福祉・介護ランキング

人気ブログランキングへ

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。