介護メインの福祉情報blog。たまに独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「介護サービス情報の公表制度」の調査員が来ましたよ。(2007年版)

「介護サービス情報の公表制度」の調査員さんが数日前にやって来ましたのでご報告を。去年の調査時にはGMは公休だったため、今回初めて調査の実態を生で知ることができました。

やって来たのは5人。
50代のおっちゃん1人と若いおねぃさん4人(30代前半×1、20代後半×3)という構成です。おっちゃんはまとめ役で、主に見るのはおねぃさん、といった役どころでしょうかね。ちょっと不安な面子です。

年食ってりゃ良いってもんでも無いし、調査員が若い=経験不足とまでは言いませんが、施設のことをちゃんとわかってるのかが少々疑問に思えました。

で、調査してもらった感想。




もっと勉強して出直して来いや、ゴルァ!!

(゛Å゛#)







・・・頼むからマトモな頭の人を寄越して下さい。いや、マヂで。

全員とは言いませんが、調査員って杓子定規な考え方しか出来ない人達ばかりなんですかね?前回の調査でもそう思ったんですが、やっぱり変わってない。融通が利かないというか何というか・・・。

良い意味での杓子定規、という事ならわかるんです。良かれ悪しかれ調査員全員がそれを共通の認識事項として判断しているのなら、どの施設でも同じ判断が下されるという事になりますからね。これは制度としての機能を果たしていることになりますから一応は理解できる。

でも、今回はそんなレベルの話じゃなかった・・・。
調査員の人間性というか、知的レベルを疑いたくなるような対応をされちゃいましたよ。
例えばこんな感じ↓



調査員:「○○の業務マニュアルはありますか?

GM  :「これです。○○業務の流れ、って書いてる冊子です」

調査員:「・・・マニュアル、とは書いてませんね

GM  :「(ハァ?)いや、これをマニュアルにしてるんですが・・・」

調査員:「では、マニュアルは無いということですね

GM  :「(!?)いや、内容を見て下さいよ。どう見てもマニュアルじゃないですか」

調査員:「マニュアル、とはなってませんよね(タイトルが)



・・・これって
嫌がらせですか?

何かうちの施設に恨みでもあるんでしょーかね。
ちなみにこれは在宅関係の調査でのやり取りで起こったウソのような本当の話。いるんですね、こういう人。

うちの場合は在宅の方を先に見てもらってから、特養の調査をしてもらったんですが、在宅と特養は調査する人が別だったんですよね。

ああ、もちろん特養の調査の時には何の問題も無くOKされましたよ?あまりにアホらしかったんで敢えて黙ってましたけど(笑)。

これは一番極端な例なんですが、他にも調査する人によって見解が異なった事例が何件かありました。


とりあえず今回の調査でわかったことは、調査員の教育が全くなってない、ってことですな。一体どんな教育をしてるのやら。

そこで、
調査員がどんな研修を受けているのかをネットで調べてみました。


結果、
どうやら、大体どこの県でも3~4日の研修を受ければ調査員になれるらしいです。使ってる教材は(社)シルバーサービス振興会が発行している「調査員養成研修テキスト」。市販もされてるようです。

(↓施設系↓)
介護保険法による「介護サービス情報の公表」制度 事業者向けハンドブック(施設系サービス編)―調査員養成研修テキスト対応版

(↓居宅系↓)
介護保険法による「介護サービス情報の公表」制度 事業者向けハンドブック(居宅系サービス編)―調査員養成研修テキスト対応版



・・・同じ教材を使って調査してるみたいなんですけどねぇ。何でこうも違いが出るのやら。他のことならともかく、こういった調査で人によって見解が分かれるってのは問題があると思うのですが


これは、調査を受けなきゃ事業所指定が取消しになるかもしれない、という公的な制度です。そもそも公的な公表制度というなら全額税金で賄われるべきところを、こっちは法外な値段の手数料を支払ってまで調査を受けてるんですよ?
私ら事業所は、天下りの元官僚に小遣い銭をくれてやるためだけにバカ高い調査手数料を支払ってるんですか?

こんないいかげんな調査では国民も事業者も納得できないでしょうし、こんな調査をいくらやってもコムスンみたいな悪質な事業者を駆逐することはできないでしょう。


調査員の皆さん、もっと施設の事を勉強して下さい。
あなたの労働が、介護サービス利用者全ての利益になるように努力して下さい。

この制度を生かすも殺すも、全てはあなた方の努力次第です。
頑張ってください。


そして事業所の皆さん、
まともな調査員が来てくれることをお祈りしております。



↓よろしければ投票よろしくお願いします。
人気ブログランキング



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
訪問者数
最近の記事
プロフィール

特養事務員GM

  • Author:特養事務員GM
  • このブログは更新終了しています。記事の内容には現状と異なる部分がありますのでご了承下さい。
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
高齢者福祉・介護ランキング

人気ブログランキングへ

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。