介護メインの福祉情報blog。たまに独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高齢者と性・・・それって普通ちゃうの?

今日、こんなニュースを読んだ。

76歳男が80歳女性に「やらせろ」強制わいせつ逮捕−静岡
(livedoorニュース9月8日)


この犯人、被害者の80歳女性(!)の家に出かけ、玄関で応対した女性に「やらせろ」などと言って下半身を触ったりしたそうな。途中で女性の夫が玄関に出てきたため逃走したのだが、町会長さんにチクられて事件が発覚。あえなく御用となった。

供述内容から、この犯人は認知症ではないかとも憶測されているようだが、GMにはこの記事以外での情報源を確認することができなかったため、正確にはわからない。真相については謎だ。

だが76歳という高齢者の男性が、明らかに性的な欲求を抱いて犯行に及んだことは事実だ。施設でも女性職員に対する男性入居者のセクハラ問題が存在することは、老人福祉施設に勤務する者の間ではごく当たり前に語られている。高齢者になったからといって性への関心が失われる訳ではない。それは先月の記事でも少し触れた。


ここに興味深いデータがある。

少し古い資料なのだが、「文芸春秋」平成11年8月号に掲載された、『老人SEX革命』という掲載文だ。割と有名な文章らしく、様々なところで引用されている。

筆者は小林照幸氏。『朱鷺(トキ)の遺言』で、第三十回大宅壮一ノンフィクション賞を当時史上最年少で受賞したノンフィクション作家で、熟年恋愛講座―高齢社会の性を考える (文春新書)等といった、高齢者の性に関する著書も手がけている。

文芸春秋の掲載文によれば、小林氏が全国4699の老人福祉施設で男子36103名、女子10860名を対象にアンケート調査した結果、男性で95.3%、女性では80.9%の方が『性欲はある』と回答しており、

地位・名誉・家族・地域社会といった柵から解放された老人達は、男女を問わず性を満喫し、男女同室にしている施設ではオムツがとれたり、動けなかった老人が歩けるようになったり、男は身だしなみに気をつけ、女は化粧するようになる。」との結果が出ている。


性欲は人間の三大欲求の一つ、と言われる。人間としては極めて自然な欲求なのだが、「睡眠欲・食欲」はともかく、高齢者の性欲については周囲の人間の理解が得られ難いのが現状だ。それは施設でもさほど変わらない。もう少し理解できないものだろうか。

私は何も施設の職員に「セクハラに黙って耐えろ」と言っているのではない。例えば、入居者が職員を無理やり押し倒したり、胸を揉んだりするのは明らかにやりすぎだし犯罪でもある。かと言って「そんなことしちゃダメですよ」と言ってみたところで根本的な解決にはならない。

例えて言えば、おなかが減ってツマミ食いしちゃった人に、「勝手に食べちゃダメよ」と言ってるのと同じ事で、言えば我慢はしてくれるかもしれんが、おなかが減っていることには何の変わりもない。鬱屈した性への衝動は様々な形態となって、いずれ爆発する結果となる。性欲が人間の基本欲求である以上、これは自明の理だ(出張風俗や自慰行為を積極的に勧めている施設があるというのなら話は別だが)

これは若者の場合であっても変わらない違うのは、若者と違って高齢者には性の悩みを相談できる相手がいないという事だ。連れ合いを亡くした高齢者なら特にその傾向は強まるだろう。家族と離れて暮らす施設入居者なら尚のことだ。


性の問題に関しては、若者だろうが高齢者だろうが変わるところは何一つ無い。ならば、わざわざ『高齢者の性』などと賢しげに括って語る必要がどこにあるというのか。



むしろ、若者より高齢者の方が性への欲求は強いかもしれない。人生の最後に悔いを残したくない、もう一度愛する人と触れ合いたい、結ばれたい、という願望は我々の想像よりはるかに強いかもしれないから。

ならばどうすれば良いのか。


いっそ「恋愛相談員」とか「性欲支援専門員」とかの専門職を作ってしまえば良いのです。


入居者が希望すればキャバクラホストクラブといった風俗店を紹介してくれるんですよ。むろん、専門職が紹介する店なのでボッタクリなとこは紹介しませんし、高齢者OK!なところを探してくれるはず。介護保険者証や障害者手帳をお持ちの方には割引サービスしてくれるお店もありますしね。

ああ、もちろん介護保険が適用されるのが前提ですよ?施設ならオムツはもちろん、避妊具も無料で支給されます。

加算だって付けちゃいましょう。「性欲支援専門員配置加算」、「出張風俗店欲求発散指導加算」、「施設内恋愛相談援助加算」・・・etc。


おバカな政治家や公務員に年金を使い込まれたり、いらない道路や箱モノを作られたりするより、こういうことに税金やら介護保険料やらを使われた方がよっぽど有意義な気がするんですけどねぇ。


安部首相、これ実現したら間違いなく歴史に残る首相になれますよ?

恐れるものはもう何も無いでしょう?勇気を出して強行採決に踏み切ってみませんか?




↓よろしければ投票よろしくお願いします。
人気ブログランキング


コメント
とても共感しました
はじめまして、高齢者、性というGoogleブログ検索で辿り着きました。

とても興味深く記事を読ませていただきました。
特に、

>>性の問題に関しては、若者だろうが高齢者だろうが変わるところは何一つ無い。ならば、わざわざ『高齢者の性』などと賢しげに括って語る必要がどこにあるというのか。

とても共感しました。まったくその通りですね。
ボクも関連する記事を書いたのでトラックバックを貼らせていただきます。
2007/11/09(金) 16:16 | URL | 石山城 #SFo5/nok[ 編集]
ご訪問ありがとうございます
石山城さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

わたしも石山城さんのブログ拝見しました。
おひまな時があれば、また見に来ていただければありがたいです。
2007/11/10(土) 07:17 | URL | GM #JalddpaA[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あらゆる立場での「性」を考え直すことによるマーケット

<続報>入院患者にも性行為は必要、病院内にラブホテル設置も検討―重慶市(Record China) - Yahoo!ニュース【e】 高齢者社会・加齢・ライフスタイルなど、これらの社会のキーワードのなかには当然「性」も含まれるわけで、今までの価値観に捕らわれず、真正面に再考す
訪問者数
最近の記事
プロフィール

特養事務員GM

  • Author:特養事務員GM
  • このブログは更新終了しています。記事の内容には現状と異なる部分がありますのでご了承下さい。
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
高齢者福祉・介護ランキング

人気ブログランキングへ

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。