介護メインの福祉情報blog。たまに独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護保険制度の改正 その3

前回の続きです。
施設での居住費・食費が自己負担になりました。利用者にしてみれば実質的には値上げとなります。

新たな制度下では、利用者は「利用者負担段階」というものによって4段階に区別されます。所得が低い順に第1段階から第4段階まで区別され、それぞれの段階に応じて利用料の減額措置が適用されます。

厚生労働省のパンフレットにある、「所得の低い人には十分な配慮しています」という「配慮」とは、主にこの利用者負担段階によって示されていると思われるんですが、私は少々疑問に思っています。


私の勤める特養の場合、最も利用料が減額される「第1段階」に該当する人数は全体の約5%ほど。1割にも達しません。第2段階の人が50%、第3段階の人は20%、残りは第4段階で25%となっています。

で、結論から言いますと、
全体の55%の人たちは利用料が安くなったんですが、

残りの45%の人たちは利用料が上がっちゃいました(´Д`)


私の勤める某県の特養だけの話ではありますが、約半数の人たちは所得が多いと判断された訳ですよ。

正直なところ、私は今回の改正についてそれほど詳しい知識を持っていると言う訳ではありませんが、実際に半数近くの人たちが料金の値上げの対象になるような制度のどの辺りに「十分な配慮」とやらが為されているのかは非常に疑わしいですね。
負担を公平にするという主旨自体はまだ良いにしても、今回の改正、やはり色々と問題を抱えているように感じます。


さて、皆さんはどのようにお考えですか?


※今回で「介護保険制度の改正」に関する連載は一旦終了します。
次回以降も折を見つけて書いていこうとは思いますのでよろしく。では。

コメント
はじめまして☆
いつも楽しく拝見しています。
今回の改正で私の働く特養でも料金増になった方がたくさんいるみたいです。私もGMさんと同じく、今回の改正については疑問に思うことが多いです。
ところでもうすぐ1000hitですね。
体調悪くされてたみたいですが、無理せずがんばって下さいね。では♪
2005/12/05(月) 23:43 | URL | まり #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
訪問者数
最近の記事
プロフィール

特養事務員GM

  • Author:特養事務員GM
  • このブログは更新終了しています。記事の内容には現状と異なる部分がありますのでご了承下さい。
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
高齢者福祉・介護ランキング

人気ブログランキングへ

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。