介護メインの福祉情報blog。たまに独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護分野の有効求人倍率、人手不足で過去最高を記録

高齢者介護 人手不足…仕事キツイ、給料安い
(読売新聞9月18日記事)



高齢者介護分野の有効求人倍率は2004年度から急激に上昇し始め、今年7月には過去最高となった。」との記事が。

どこの施設も人手不足なため、たくさんの求人を出しています。でも、なかなか応募が来ないんですよね。5年くらい前と比べると半分以下になったんじゃないかな、というのがGMの感想です。

応募があっても、人柄に疑問符が付くような人しか来なかったら採用することもできませんから、なるべくたくさんの人に面接に来て欲しいんですけどね。来ないんじゃどうしようも無い。求人出したり、就職説明会に頻繁に出席したりはしてるんですけどね。


現場の職員さんから「仕事が回らないよー、人いれてよー(泣)」、と言われても希望を叶えてあげられない。施設としては人を入れる気満々だというのに。


仕事がきつくて給料も低いってことが世間的に認知されてしまってるわ、景気が上向いたおかげで人材は他の分野に流れていっているわ、おまけにコムスン問題や不正請求問題のせいでイメージまで悪くなってしまってるわで踏んだり蹴ったりの状態では、人材集めもままならない。


人材難の要因は、仕事のきつさと、それに見合わない給与水準だ。』と記事にあります。


全くもってその通りです。
そして、仕事のキツさは情熱でカバーできたとしても、金が無きゃ自分の生活が成り立たない。介護=ボランティア精神、みたいな言葉を耳にする事がありますが、給料までボランティアするのはちょっと


この仕事には物を売ったり作ったりする仕事とは、ひと味違った喜びがあります。だからこそ、低い給与水準にも関わらず、介護施設で高い意欲を持って、がんばって働いている人たちがたくさんいるのだと思います。

でも、彼らの努力が報われるようなシステムを作ってあげないと、彼らは自らの生活を守るため、やがては介護の現場から離れていかざるを得なくなってしまいます。それは高齢者にとっても不幸なことです。


介護業界の抜本的なシステム改革、急いで欲しいものです。


↓よろしければ投票よろしくお願いします。
人気ブログランキング



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
訪問者数
最近の記事
プロフィール

特養事務員GM

  • Author:特養事務員GM
  • このブログは更新終了しています。記事の内容には現状と異なる部分がありますのでご了承下さい。
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
高齢者福祉・介護ランキング

人気ブログランキングへ

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。