介護メインの福祉情報blog。たまに独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高齢者医療費、負担凍結に最大1700億円 法改正おこなわず国費補填で調整 補正予算案提出か

高齢者医療費、国が補てん 財源最大で1700億円
(中日新聞9月26日記事)



高齢者の医療費負担増の見直しをめぐって、与党間で調整に入った模様。前政権から厚労相に留任した舛添大臣は「目の前で困窮している人、負担増になる人には何らかの予算措置で救う」と言明してるけど、金庫番の額賀財務相との調整次第ではどうなるかまだ不明


うーん、
舛添さん、言ってる事は威勢が良いんですけどね。これって要は制度そのものには手をつけず、結局はどこかから予算を都合して埋め合わせしようって事ですよね。常々このブログで言ってることなんですが、

財源はどうするんですか、財源は。 


限られたパイの中から都合してくるって事は、どこか別の場所で負担がかかってくるってことですよ?補正予算を組むにしたって財源を確保せにゃどうにもならんっしょ。

GMは事務員なためか、財源の裏付けの無い施策って奴がどうにも信用できん。結局は消費税増税へのシナリオを早めてるだけとちゃうんかい。福田さんも会見で消費税の話してたしね。


つーか、制度そのものを何とかして欲しいんですけどね。高齢者医療にかかる費用が財政を圧迫してるのは解かるんですけど、新しい制度は高齢者の切捨て感のみが目につく感じで、個人的には何か気に入らないんですよ。


場当たり的な処置じゃなくて、高齢者医療制度そのものを一から練り直してくれんものか。


頼むぜ、のび太首相舛添エモン


↓よろしければ投票よろしくお願いします。
人気ブログランキング




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
訪問者数
最近の記事
プロフィール

特養事務員GM

  • Author:特養事務員GM
  • このブログは更新終了しています。記事の内容には現状と異なる部分がありますのでご了承下さい。
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
高齢者福祉・介護ランキング

人気ブログランキングへ

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。