介護メインの福祉情報blog。たまに独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「社会保障カード」 年内に基本構想まとまる見込み

年内に基本構想まとめる 社会保障カード検討会
(西日本新聞10月1日記事)



年金手帳医療保険証介護保険証雇用保険被保険者証の役割を一つにまとめた『社会保障カード』。

今年に入ってから、その導入について検討が行われているんですが、9月27日に「第1回 社会保障カード(仮称)の在り方に関する検討会」という会議が厚労省で行われた模様。年内に基本構想をまとめる、ということで合意したそうです。

今までバラバラだったものが一つに統合されることのメリットは確かに大きいです。国にとっては情報を一元管理することで、適正な制度作りをするためのデータ算出が効率的に行えるようになりますし、国民にとっても、全てがデータ化されれば自分の年金記録などが手軽に把握できるようになります。

そして、何と言っても病院や施設などでの情報共有が容易になるってのがデカイ。利便性だけで考えればチョー便利です。

が、


その一方で、セキュリティ面に対する不安も大きいです。下手にネット上にでも情報が流出した日にゃ大騒ぎですよ。病歴や年金額、職歴などがモロバレになっちゃいますからね。

とは言え、GMとしてはセキュリティ面での不安がかなり残りますが、情報の効率化という面から、やはり社会保障カードの導入は必然、というか避けられないのではないかと思います。


導入に際しては充分にセキュリティ機能の構築を考慮して行って欲しいところですが、住基コードの例もあるしねぇ。

難しい問題ですな。



↓よろしければ投票よろしくお願いします。
人気ブログランキング



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
訪問者数
最近の記事
プロフィール

特養事務員GM

  • Author:特養事務員GM
  • このブログは更新終了しています。記事の内容には現状と異なる部分がありますのでご了承下さい。
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
高齢者福祉・介護ランキング

人気ブログランキングへ

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。