介護メインの福祉情報blog。たまに独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『高齢者医療費の負担増問題』 各新聞社の社説あれこれ

高齢者医療の負担増問題」について、ここ最近、新聞社が社説として取り上げたものを、GMが見つけた範囲内でご紹介してみました。

各新聞社の考え方を把握するのによろしいのではないかと。

高齢者医療費 限界に来た機械的な削減手法
(2007年10月7日 読売新聞社説)



高齢者医療―負担凍結は目くらましだ
(2007年10月3日 朝日新聞社説)



高齢者医療 負担増凍結は朗報だが
(2007年9月27日 中日新聞社説)



【高齢者医療費】場当たりは行き詰まる
(2007年9月29日 高知新聞社説)



高齢者医療費 命を削る負担増見直しを
(2007年9月28日 琉球新報社説)



各新聞社で、それぞれ微妙に意見や見解の相違はあるものの、「現行のままでは上手くいかないだろうね」という認識では大差ない感じですね。

ただ、敢えて厳しいことを言わせてもらえば、マスコミの皆さんには、どうせなら批判や評論だけでなく、『どうすればより良い制度に変えられるのかというところまで突っ込んだ内容の記事を書いて欲しかったかなー、というのがGMの感想。文句言うだけだったらGMにも出来ますからね。


とは言え、世論はマスコミが作るとも申しますし、影響力は非常に大きいものがあります。記事に取り上げられる回数が増えれば、政治家や官僚も無視できません。


高齢者にとって、より良い制度にしてもらうためにも、この問題をもっと大きく、継続的に取り上げていって欲しいですね。



↓よろしければ投票よろしくお願いします。
人気ブログランキング



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
訪問者数
最近の記事
プロフィール

特養事務員GM

  • Author:特養事務員GM
  • このブログは更新終了しています。記事の内容には現状と異なる部分がありますのでご了承下さい。
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
高齢者福祉・介護ランキング

人気ブログランキングへ

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。