介護メインの福祉情報blog。たまに独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ファミリーマート」が家事代行サービス メイドさんを気軽にご家庭へ

コンビニチェーンの大手「ファミリーマート」が、高齢者の生活支援や働く女性のため、家事代行サービスが受けられるチケットの販売を開始するそうです。世の中便利になったものですね。


ファミマで家事代行 16日からチケット店頭販売 働く女性や高齢者支援 (フジサンケイ ビジネスアイ10月13日記事)


家事代行を実際に行うのは家事代行サービス大手の「ベアーズ」という会社。料金は2時間半のサービスで9,800円。料金には交通費や損害保険料も含まれています。


利用の流れとしては、まずファミマ内の情報端末「Famiポート」でチケットを買って、コールセンターに電話。あとは希望する日時とサービス内容を伝えればOK、という割とシンプルな形態。食事の用意や掃除、洗濯、買い物から子供の送迎まで頼めるというからすごい。


介護認定を受けてない高齢者や障害者がいる家庭、子供を持つ働く女性にとっては結構便利なサービスかもしれませんね。家事代行のサービスってどこにどうやって頼めばいいのかよくわからないですから。


コンビニで手軽に頼めるメリットは大きい
需要はあるでしょうね。


メイドさんの質が気になるところではありますが、こればかりは実際に利用してみないことにはわかりません。これは介護保険サービスのヘルパーさんでも同じこと。まぁ、サービス内容で競合する、介護サービス事業者あたりから何かしらの文句は出てきそうな気はしますが。


接客や家事援助の技術では、こういったプロのメイドさんの方が腕は確かかもしれませんし、逆に社員教育の内容などでは我々にとっても見習うべき点は多いかもしれず、何より利用者の立場から見れば選択肢の幅が増えるのは利点だと思います。チケット」という形態で販売されるサービスなので、ギフト用としての需要もありそうですね。


ファミマでは店長に介護関連資格の取得を奨励したり、高齢者向け宅配などの介護事業を強化しようとしているんだそうです。やはり商売上、高齢者をターゲットにした商品開発は急務となっているんでしょうね。


中小の介護サービス事業者、特に訪問介護サービスを行う事業所にとっては脅威なのかもしれませんが、GMとしては社会全体が高齢者や働く女性を支援しようとする方向へ動いていると好意的に解釈しています。


「あなたと、コンビに」、がキャッチフレーズのファミリーマートの店舗数は2007年6月末の時点で6,990店舗。業界3位の実力で、店舗数もかなりのものです。


ファミマとコンビになってくれる人は一体どのくらい出てくるんでしょうか。


注目です。


↓よろしければ投票よろしくお願いします。
人気ブログランキング

テクノラティプロフィール



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
訪問者数
最近の記事
プロフィール

特養事務員GM

  • Author:特養事務員GM
  • このブログは更新終了しています。記事の内容には現状と異なる部分がありますのでご了承下さい。
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
高齢者福祉・介護ランキング

人気ブログランキングへ

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。