介護メインの福祉情報blog。たまに独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護サービスと医療費控除

ああ、もうそんな時期か。」と思われる施設の事務員さんも多いはず。

そうです。
もうそろそろ確定申告の時期がやって来ます。

毎年この時期には、利用者さんのお宅から医療費控除についての問い合わせが必ずと言って良いほどあるのです。
そして、そのほとんどは、

・訪問介護
・訪問入浴介護
・通所介護(デイサービス)
・短期入所生活介護(ショートステイ)


といった、「居宅介護サービス」の医療費控除に関する問い合わせなんですよね。

上記のものは介護サービスなのに「医療費控除」が受けられるの?と思われる方がいるかもしれませんが、受けられるんですよ。
ただし、要件さえ満たしていれば、の話なんですが。

つまり、上記の介護サービスを使っただけでは医療費控除は適用されないんですよ。他の施設系サービス等の場合なら話は別なんですがね。

これがなかなか理解してもらえない原因なのではないかと。

医療系サービス」と「介護サービス」の区別が理解しづらいんでしょうね。



あえて簡単に説明しますと、ケアマネさんが作る「居宅サービス計画」に、次の5つの医療系サービスである、

①訪問看護
②訪問リハビリテーション
③通所リハビリテーション
④短期入所療養介護
⑤居宅療養管理指導


の、どれかが含まれていれば、介護給付の対象となる費用に係る自己負担額に医療費控除は適用されます。

ちなみに、この5つのサービスは医療系サービスですので、単体でも医療費控除が適用されるようでして。サービスの名前が似ているので混同してしまうのかも。
そりゃ、ややこしいですわな。
(*_*;)


ですので、利用者さんや家族さんが理解できなくて問い合わせてくるのは仕方ないことだと思うんです。


が、 

税理士さん(税務のプロ)達までが問い合わせてくるというのはいかがなものかと思うのですが。


しかも今年が法改正のあった年だから、とかいう訳じゃなくて毎年なんですわ、これが。おまけにいつも違う税理士さんたちから聞かれる訳で。

税務の素人にそんなこと聞かんでくれっ、と言うか、プロなら役所の資料にくらい目を通して下さい。いや、マヂで。
(-_-;)


税理士さんにとっては、介護は畑ちがいの分野なのかもしれませんが、介護サービスを使ってる人なんて今どきいくらでもいるんだから、そんなの言い訳にならんと思いますよ。それくらいは税理士さんだって知っているべきだと思いますし。
そもそもサービスの違いについてはケアマネさんに聞けばわかるということぐらいは自分で少し調べればわかるはずなのに、それすらしないってのはプロの税理士としてどうなのよ?って思うんですけど。


何だか自分で偉そうなことばかり言ってるようで気が引けるんですが、恥ずかしながら実は私もそんなに詳しい方じゃないのです。あんまり人の事ばかりいえる立場じゃないんですよね。言いすぎだったらごめんなさい。
(^_^;))
どっちかって言うとこっちが教えてもらいたいくらいなんですよね。



ちなみに、手っ取り早いのは税務署に問い合わせることだと思うので、説明を聞いてもよくわからない、という利用者さんには税務署で聞くことをおすすめしてるんですが、


実は去年、税務署の役人からも問い合わせを受けたことがありまして。(実話)


たまたま、うちの地域の税務署にそういう人がいただけだとは思うんですが、一体誰に聞いたら良いんでしょうねぇ。
(_´Д`)



介護サービスを使ってる家族の方がいる皆さん、税務署は選べないでしょうから、せめて税理士さんだけは信用できる詳しい人を見つけて下さいね。


今日はこの辺で失礼します。
ではまた。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
訪問者数
最近の記事
プロフィール

特養事務員GM

  • Author:特養事務員GM
  • このブログは更新終了しています。記事の内容には現状と異なる部分がありますのでご了承下さい。
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
高齢者福祉・介護ランキング

人気ブログランキングへ

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。