介護メインの福祉情報blog。たまに独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費税を『社会保障目的税化』に位置付け  税率UPは21年度から 自民党・財革研

最近、消費税の話ばかりしてる気がする・・・。


消費税は社会福祉目的税化、望ましい税率明記の方向へ=自民・財革研
(ロイター通信社 11月16日記事)


消費税引き上げは21年度から 自民党財革研究会が確認
(msn産経ニュース 11月17日記事) 



これはあくまで自民党内での中間とりまとめ案に過ぎず、最終的な方針ではないので簡単に要旨だけご紹介する。ポイントは以下のの3点。


①消費税を社会給付のための財源と位置づける(社会保障目的税化
②歳出の削減だけでなく、歳入改革にも取り組み、2010年代半ばを目途に安定的財源を確保し、基礎年金の国庫負担割合を2分の1に引き上げる

③消費税の税率は、試算上では2015年頃までに10%前後になると予想。ただし、今回の会議では明記を避けている




実は、内容としては大して目新しくも無い事ばかりなんですよね。

①の、消費税を『社会保障目的税化』する話は前々から論議に上がっています。去年の自民党総裁選の時に谷垣さんも言ってたくらいだし(負けたけど)。具体的に公の場で議論された、という点には注目しましたが。


②と③についても同じ。
ちなみに目標の目途を2015年頃にしているのは、丁度この時期くらいに大量の団塊世代が年金受給者になるからです。社会保障に関する改革案は、大抵はこの時期を見据えて作成されています。2015年と言えば、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー Part2』の舞台になった年ですね(全然関係ないけど)


問題なのは、あと8年しか猶予が無いという事です。


8年の間に財政を健全化し、年金なども含めた社会保障体制を整えておかねばならない。これを長いと捉えるか、短いと捉えるか。


GMには長いとは思えないのですがね。
政治家の皆さんがどう思ってらっしゃるのかは知りませんが。


↓ブログランキングに参加中。よろしければ投票よろしくお願いします。
人気ブログランキング


:社会保障制度

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
訪問者数
最近の記事
プロフィール

特養事務員GM

  • Author:特養事務員GM
  • このブログは更新終了しています。記事の内容には現状と異なる部分がありますのでご了承下さい。
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
高齢者福祉・介護ランキング

人気ブログランキングへ

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。