介護メインの福祉情報blog。たまに独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「がん患者」と「介護保険」

これ、何だと思いますか。
喫煙者と肺がん患者との相関図


実はこれ、
喫煙肺がんの発生率と、いかに高い相関関係にあるかを示したグラフだったりする。

いやぁ、こりゃスゴイわ。
GM大ピンチ・・・っ。(←割とへヴィスモーカー)

で、

喫煙者の方々のハートを鷲摑みにしてみたところで本日の話題をご紹介。とはいっても数日前の新聞記事だったりするのだが。

・がん患者が使えない介護保険(上)
・がん患者が使えない介護保険(下)
(msn産経ニュース【ゆうゆうLife】医療 12月3日・5日記事)


昨年の介護保険法の4月改正によって、末期がんの患者が在宅療養をする場合、介護保険が利用できるようになった(特定疾病に「末期がん」が含まれた)訳なのだが、患者側が制度の仕組みのことをよく知らなかったためサービスを利用できなかった、等といったような様々な問題点が浮上している模様。

記事で取り上げられている主な問題点は次のようなものだ。

・告知していない患者に「末期がん」であることがわかってしまう
 (「末期がん」であることが要件なのでこれは当然)

・介護保険の申請が通る前に亡くなってしまう
 (退院してから申請しても間に合わない事も多い)

・介護度が低く設定されやすい=使えないサービスが多くなる
 (歩ける人もいるので「自立」とみなされやすい)

・自身の利用するサービスが医療保険か介護保険かがわかりにくい
 (訪問看護では医療保険が適用されるので3割負担)

・医療側の在宅介護への理解不足
 (介護保険が使える等といった情報を流さない)

・介護側の末期がんに対する理解不足、人手不足
 (特にケアマネ、ヘルパー)



箇条書きにするとこんな感じ。
制度改正から1年以上経ったのにも関わらず、問題になっていることの殆どは制度改正前から危惧されていたことばかり

特に問題なのは介護認定の条件
「告知していない末期がん患者」に介護保険を申請したことがわかったら自動的にそれが告知になってしまう、という事の問題点はかなり以前から論議されていた事だと思うのだが。

これを恐れるがために介護保険の申請を行わない人も中にはいる訳で、その場合、介護保険なら自己負担が1割ですむはずのところが医療保険だと3割負担ということになってしまい、患者側の経済的な重荷という観点から考えても無視できる問題ではない。

がん患者にとっても家族にとっても非常にデリケートな問題なので、次の見直しの際には何とか改善してほしいところだ。


最後に余談。

本当は「がん」などにならなければそれに越したことは無いのだが、病気を選ぶことは我々にはできないし、末期がんを完治させる技術も今の所無い。

まだ「がん」を患っていない方々は以下の項目に注意して、「がん予防」の意識を高めておくと良いかもしれません。(GMも含めて)

★がんを防ぐための12ヵ条★

①バランスのとれた栄養をとる(好き嫌いや偏食をつつしむ)
②毎日、変化のある食生活を(同じ食品ばかり食べない)
③食べすぎをさけ、脂肪はひかえめに
④お酒はほどほどに(強い酒や飲酒中のタバコは極力控える)
⑤たばこは吸わないように(受動喫煙は危険)
⑥食べものから適量のビタミンと食物繊維を摂る(自然の食品の中からしっかりとる)
⑦塩辛いものは少なめに、あまり熱いものはさましてから
⑧焦げた部分はさける
⑨かびの生えたものに注意(輸入ピーナッツやとうもろこしに要注意)
⑩日光に当たりすぎない
⑪適度に運動をする(ストレスに注意)
⑫体を清潔に


日本国立がんセンター」が提唱している予防12か条です。
飲酒中の喫煙は「がん因子」を増大させることになるので特に要注意なんだとか。

ちなみにGMは6つも当てはまってしまいました(泣)

皆さんはくれぐれもお気をつけのほどを・・・。

↓ブログランキングに参加中。よろしければ投票よろしくお願いします。
人気ブログランキング


 

コメント
確かに難しい・・・
【ターミナルの方と介護保険】・・・確かに私も、この件では、困ったこともありますね。

特に昨年は、

・介護保険の申請が通る前に亡くなってしまう
・介護度が低く設定されやすい
⇒福祉用具貸与が実費になってしまうリスク

の2つにやられました。。。

ps. 私も、タバコ、ピンチです。。。同じく、6つは当てはまってます。。。
2007/12/10(月) 11:08 | URL | きゅうべぇ #qwKvtbg.[ 編集]
難題ですよね
私の知り合いのCMさんも同様の悩みを抱えてました。

その方の利用者さんは介護保険の申請が通った後、3ヶ月くらいでお亡くなりになったらしいのですが、軽度者と判定されたために使えるサービスが限られてしまい、難渋したそうです。制度の中身をもうちょっと何とかして欲しいところですね。

訪問看護は従前通り、医療保険を使えるので介護保険の限度額を減らさずに済むからまだ良いとしても、肝心の介護サービスが使えないというのはちょっと・・・。
2007/12/10(月) 14:05 | URL | GM #JalddpaA[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
訪問者数
最近の記事
プロフィール

特養事務員GM

  • Author:特養事務員GM
  • このブログは更新終了しています。記事の内容には現状と異なる部分がありますのでご了承下さい。
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
高齢者福祉・介護ランキング

人気ブログランキングへ

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。