介護メインの福祉情報blog。たまに独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

制度改正の話④:介護報酬算定・指定基準の内容が公開!

3月3日に愛知県高齢福祉課のHPで「介護制度改革vol.69 介護報酬算定・指定基準の解釈通知に規定する内容について」が公開されました。
情報が少し遅くなりましたが重要な資料だと思いますのでお知らせしておきます。

・特別養護老人ホーム
・短期入所サービス
・通所介護
・訪問介護
・介護予防サービス
・訪問入浴介護
・訪問看護
・居宅介護支援
・居宅療養管理指導
・訪問・通所リハビリテーション
・療養型医療施設
・老人保健施設
・特定施設入居者生活介護

等々といったサービスの

費用の算定
人員配置
施設と設備

に関する運営上の基準が説明されています。
加算の要件も載ってますので要チェックではないかと。

・・・とは言っても、私はまだ全部読んでないので詳しくは把握しとらんのですが。
(^_^;))




あと、この愛知県高齢福祉課のHPでちょっと気になった記事がありました。

それは、
本体施設の管理栄養士が通所系のサービスの管理栄養士と兼務でき、加算を算定できるかどうかの問題について
という項目です。

特養などの施設では、「通所系サービス」を併設している所が多いのです。
GMの施設も併設しており、特養には管理栄養士さんを配置しています。

特養(同一敷地内)に管理栄養士がいるんだから、通所サービスの方でも栄養系の加算はとれるはず~♪とか思ってたのですが、愛知県がに照会をかけたところ、


「通所系サービスとの兼務は原則認めない方向(!)」との回答があったそうで。


なんですとー!?(゛Å゛#)




最終的な結論は内部調整中なので保留」、ということらしいのですが、もし本当にそうなる場合、管理栄養士さんを更に増やさなきゃいけなくなる訳で。

たしかに管理栄養士さんの仕事量が増えるのは間違いないですし、個人的には人を増やして上げたいとは思うんですが、介護報酬は減らすけど、人だけは増やせ、とか言われてもねぇ。
納得しがたいものを感じます。

まぁ、先日の記事でもお書きしたように、この件に関しても3月13日には何らかの回答が示される模様ですので、今後の動向に注目していこうと思ってます。

今日はこの辺で。
では~。


追伸:
管理栄養士の、本体施設と通所系サービスとの兼務問題については、
3月7日に厚生労働省から「業務に支障がない範囲で兼務可能」との結論が出たようです。
どちらでも加算がとれることが確認されたということですね。
めでたい。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

勉強会参加

はじめまして!うちも毎日頭を悩ましています・・。マジ、4月からどうなることやら・・という感じですね。
訪問者数
最近の記事
プロフィール

特養事務員GM

  • Author:特養事務員GM
  • このブログは更新終了しています。記事の内容には現状と異なる部分がありますのでご了承下さい。
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
高齢者福祉・介護ランキング

人気ブログランキングへ

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。