介護メインの福祉情報blog。たまに独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太もも筋肉の細胞培養シートを心臓に貼る→心臓機能回復に成功 新しい「再生医療」、心臓移植の代替医療として注目 

心臓移植でしか助からない、重症の「拡張型心筋症」を患っていた男性の胸部に、自分の太ももの筋肉細胞を培養して作った特殊なシートを貼り付ける治療を行ったところ、3ヶ月ちょっとで、ほぼ正常な状態まで心臓機能が回復したんだそうな。

足筋肉から培養の細胞シート、心臓に張り機能回復…阪大(読売新聞12月14日)

心臓病患者の太もも細胞で再生医療、心臓機能回復に成功(日本経済新聞12月15日)

この新治療法を開発したのは大阪大学医学部付属病院「未来医療センター」
大阪大学附属病院(阪大病院)

↑大阪大学医学部附属病院↑(阪大病院)

「心臓移植に代わる有力な選択肢になりうる」という話なので、心臓移植を待っている患者の方々には朗報だろう。

この患者も「日本臓器移植ネットワーク」に登録して、心臓移植を待っていたんだそうだ。臓器移植を待ってる人は多いが、移植のチャンスは国内ではなかなか巡ってこない。他の心疾患でも使えるように研究中、ということなので将来に期待したい所。

最近、万能細胞(ips細胞)の話をはじめとして、「再生医療」の話題をよく聞くようになった。

まだまだ実用化に向けては検討すべき事も多いのだろうけど、こういう将来に希望を持てる話題はやはり嬉しい。GMの父親も心疾患で亡くなってるもので。

そのうち「再生医療」なんかの新技術でダイエットとかも出来るようになったらもっと嬉しいんだけれども。

阪大の先生方、よろしくお願いします。
(本気です)

 ↓ブログランキングに参加中。よろしければ投票よろしくお願いします。
人気ブログランキング

   
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
訪問者数
最近の記事
プロフィール

特養事務員GM

  • Author:特養事務員GM
  • このブログは更新終了しています。記事の内容には現状と異なる部分がありますのでご了承下さい。
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
高齢者福祉・介護ランキング

人気ブログランキングへ

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。