介護メインの福祉情報blog。たまに独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

800才まで寿命延長が可能な技術を開発  南カリフォルニア大学科学者が発表 ・・・マヂで? 

個人的にヒットなニュース。
いろんなところでも紹介されているホットな話題ですよ、これは。

寿命が10倍に延びる技術を開発、人間の場合は800才まで寿命延長が可能に(GIGAZINE 1月18日)

DNA複製
DNA複製の様子


南カリフォルニア大学の科学者がイーストのバクテリア(要するにパン酵母)の寿命を10倍に延ばすことに成功。この方法は人間にも応用できるので、寿命が80才の場合は800才ぐらいまで延長可能なんだとか。

人体実験も既に行われている(!)ようで、現時点では明確な副作用などもなく、これによってガン細胞の増殖も抑制できるらしい。正直なところ、菌類で成功したからと言って、人間にもそのまま応用できるとも思えんのだが、話としては面白いよね。ほとんど「火の鳥」の世界ですよ、これは。

でもね。

800歳まで肉体は生きられたとしても、精神の方はかなり早い段階でお陀仏になってしまうような気がするし、80歳あたりで認知症にでもなったら残りの720年間ずっと周りに迷惑かけっぱなしになる可能性もありますわな。あるいはずっと寝たきりとか。仮に健康な体と精神で長寿を保てたとしても、生きることに飽きて自殺する人が増えるだけかもしれん

そんなこと考えてたら、やっぱり長生きしすぎるのもどうかなぁ、とか考えてしまう。


800年前というのは昔でいうと鎌倉幕府の時代だから、それくらいの時代から現代までの歴史や技術の発達ぶりを見ることが出来る、という事にはかなり魅かれるものはあるんだけど、そこまで無理して生きるのもちょっとね。花は散るから美しい訳で。「がんの進行を抑制できる」ってとこは評価できるんだけど。


ところで、


「人体実験の結果」って、何年後にわかるのかなぁ(笑)


↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いします。
人気ブログランキング


   
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
訪問者数
最近の記事
プロフィール

特養事務員GM

  • Author:特養事務員GM
  • このブログは更新終了しています。記事の内容には現状と異なる部分がありますのでご了承下さい。
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
高齢者福祉・介護ランキング

人気ブログランキングへ

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。