介護メインの福祉情報blog。たまに独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「書くこと」でガンへの恐怖を打ち消す→QOLの向上に 英BBCニュース 

"書く臨床医"ナンシー・モーガン医師の研究結果。

Writing 'eases stress of cancer' (英BBC NEWS 3月22日)

これは万年筆ね



これはアメリカ(ワシントン)からの研究報告。
この方法は特に若年層のガン患者のQOL(生活の質)を高めるのに効果があるらしく、モーガン医師の指導を受けた49%の患者が「効果がある」と答え、39%の人間にも気持ちの変化が見られたんだそうです。

モーガン医師によると、『ただの事実を書くのではなく、病気に対する恐怖などの感情を表現することが大切』なんだそうな。

詳しい原理やら、脳の働きやらを示すデータが記事に載ってなかったので、科学的に見てどうなんだよって感じもしますが、まぁ何かしら集中して書くなり何なりしていれば、気は紛れるのかもしれんかな

ひねくれ者のGMからしてみると、ちょっと眉唾モノの記事かも、と思ったりもするんですが、ここは前向きにとらえておきましょうかね(笑)

↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
訪問者数
最近の記事
プロフィール

特養事務員GM

  • Author:特養事務員GM
  • このブログは更新終了しています。記事の内容には現状と異なる部分がありますのでご了承下さい。
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
高齢者福祉・介護ランキング

人気ブログランキングへ

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。