介護メインの福祉情報blog。たまに独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/26の福祉・医療ニュースヘッドライン

最近、すっかり暖かくなってきているので布団の数を一枚減らし、出勤時に着ているコートも春物に変更。桜のつぼみも膨らんできているみたいだし、春を実感している今日この頃。長かった冬ももう終わりかな。

医療と介護の世界は真冬の季節に突入している訳だけれども


【本日のヘッドラインニュース】

■国保滞納:31人が死亡…困窮、受診手控え 民医連調査(毎日新聞)
■国保滞納:75歳以上も医療費全額負担 証明書交付対象に(毎日新聞)
4月から「後期高齢者医療制度」がはじまる訳だが、こういった人が増えてしまうのではないかとかなり不安。ちなみにうちの特養の入居者さんの中には、未だに後期高齢者医療の保険証が届いていない人がいるんだが、一体どうなってるんだ(怒)。


■後期高齢者医療制度:新制度、来月スタート 75歳以上、変わる保険(毎日新聞)
しつこいようですが、この制度はあと5日で開始されるのです


■有料老人ホーム(5)終末医療 手厚く対応(読売新聞)
特養の待機者は多いし、療養病床も削減される中、有料老人ホームで看取りを行う事例はこれから増えていくでしょうね。問題は資金面だが・・・。


■ケアの「中身」が大事(読売新聞)
「オムツ交換をうまくするのが介護ではない。まず、オムツにしなくてすむ工夫をすることが介護だ」という言葉には素直に同意。介護の"プロ"である施設職員なら、当然もっていなくてはいけない意識ではないかと。

■若年性認知症患者に働く場(読売新聞)
今のところ賃金はもらえないみたいですね。
でも、生きがいを感じてもらえるようになるのならそれなりに有効な方法なのかも。若年性認知は周りの理解が得られにくい症状だから、こういった支援の輪が広がることは重要かと。

■介護食の最新トレンド 工夫で楽しく(中日新聞)
高齢者にとって食事は最大の楽しみの一つですからね。
栄養士さんや厨房で働く方々には感謝、感謝です。


■パーキンソン病:クローン技術でマウス治療…日米チーム(毎日新聞)
マウスでの実験に成功したみたい。
人間にも有効なことが確認できれば、パーキンソンで苦しむ多くの患者と家族を救うことができるようになるはず。研究者の方々には頑張ってほしいところ。


■「分娩休止・制限」77病院で(読売新聞)
少子化対策の第一歩は「産みやすい・育てやすい」環境を整えることだと思うのだが、肝心の病院がこれでは・・・。

■全国初の救命救急センター廃止 室蘭の日鋼病院(msn産経ニュース)
救急医療が本当にやばい。
医師不足の話が出るにつれ、これならまだ大学側が医師の派遣を掌握していた旧制度の方がマシだったとすら思えてしまう。無論、現行の制度を否定するものではないが、何らかの対応を早く取らないとマズイぞ。


【おまけ】

■トイレの不足で26億人が病気の危機に、WHO・ユニセフ(AFPBB NEWS)
世界人口の半分が危険ってことか!
これは知らんかった。

■飲酒が花粉症をやわらげる?(All About 健康・医療)
適度な飲酒は体にも花粉症にも良いようです。
これは良い治療法。

■66歳で大阪大学の博士号 造船学の論文で(asahi.com)
おめでとうございます!


↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
訪問者数
最近の記事
プロフィール

特養事務員GM

  • Author:特養事務員GM
  • このブログは更新終了しています。記事の内容には現状と異なる部分がありますのでご了承下さい。
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
高齢者福祉・介護ランキング

人気ブログランキングへ

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。