介護メインの福祉情報blog。たまに独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/21の福祉・医療ニュースヘッドライン

週の始まりは、良質なニュースから。

TIME(笑)4月21日号



【本日のヘッドラインニュース】

■インドネシア人受け入れ 介護現場と政府ズレ(毎日新聞)
これはGMも先月の記事で指摘した話
お国と現場との間の意識には本当に違いがある。あとは看護師協会や介護福祉士会ね。資格を持ってるけど働いてない人達がいるんだから、その人たちを活用すれば外国人は要らないって言ってるけどさ。特に看護師は現実にもう何十年間も慢性的に人手不足の状態が続いてるじゃないか。これまで出来なかったことが今出来ると言われたってGMには信じられんぞ。無論、その人達を看護や介護の現場に呼び戻すための努力は必要だが、では将来的には?高齢化が更に進んだ10年、20年先でも同じことが言えるのか?外国人が働くことによって生じるであろう給与や待遇の変化を忌避しているのだろうけどね。気持ちはわからんでもないが、それでは日本の高齢者の福祉・医療の環境は悪化するばかりだと思うのだが。


■未来ロボットは352万人力…労働力不足8割強を肩代わり(読売新聞)
友人のM君が先日の介護支援用ロボットスーツの記事を読んで「あんなの気持ち悪い。介護はやっぱり人手でやらないとダメ」とか言ってたのだが、何やら妙な勘違いをしてるなぁと。じゃあ、お前さんの施設ではリフト浴の装置電動ベッドを使ってないのかい?あれだって機械には変わりないんだぜ?機械のお陰で介護にかかる負担は軽減されているだろ?医療面で例えるならペースメーカーはどうよ?手術用のマニュピレーターロボットのお陰で人間には難しい脳手術などがやり易くなった現状をどう思う?みんな最初は「機械を使うなんて」って目で見たもんですよ。それが今じゃ普通の光景でしょ?見た目や性能がまだまだなのは技術が過渡期にあるせいに過ぎないんだから、今の段階で批判するのはおかしいよ。人がケアすべき領域と、機械がケアする領域は違うと思うんですがね。要はそれを使う人間次第だと思うんだが・・・。どうなんでしょ?


■声なき声(1) 介護の悲劇 (msn産経ニュース)
今の制度は何のためにあるんだ!とつくづく考えさせられる。


■高齢者の要注意薬(読売新聞)
■高齢者は避けて欲しい薬のリスト(2008年4月1日付新聞掲載:国立保健医療科学院)
これ、記事にはしなかったけど、前にもどこかの新聞記事で読んだなぁ。うちにもマイナートランキライザー(穏やかな効き目の向精神薬)なんかを服用してる入居者さんは何人もいる。気になる方は御一読のほどを。

■「葉酸」 積極的に摂取を 高齢者の脳卒中予防に効果 (msn産経ニュース)
葉酸を多く含む食品は、レバーや新鮮な緑黄色野菜、果物など。でも摂りすぎは禁物ですよ。何事もほどほどが一番かと。


■日本初、飲む禁煙補助薬が登場(読売新聞)
この薬、海外では副作用が問題になっているんですよね。禁煙するならGMはニコチンパッチを使おうかな。


■独立行政法人や警察庁かたるメールが横行、ウイルス感染狙う(読売新聞)
施設や病院の職員は気をつけて!
PCに弱い上司にはメールチェックをさせないようにしましょう(笑)


■80歳の米国人男性が徒歩で世界旅行、18年間で66カ国(ロイター通信)
凄い!
日本の高齢者も元気だけど、海外の高齢者も負けちゃいないなぁ。こういう記事、すごく好きです。



【おまけ】

■不幸な既婚者、独身より高血圧ぎみ 米で研究(asahi.com)
日本人にも当てはまるのかな?
アメリカ人はこんなことばかり調べるね。面白い人たちだ(笑)

■イタリア人の男、電車内で女性を見つめ過ぎたとして有罪(ロイター通信)
男がよほどいやらしい目付きだったのか、それとも女性がそれほどまでに美しかったのか。興味あるなぁ・・・。写真が見たいところだ。


↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
訪問者数
最近の記事
プロフィール

特養事務員GM

  • Author:特養事務員GM
  • このブログは更新終了しています。記事の内容には現状と異なる部分がありますのでご了承下さい。
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
高齢者福祉・介護ランキング

人気ブログランキングへ

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。