介護メインの福祉情報blog。たまに独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/30の福祉・医療ニュースヘッドライン

4月30日


この時期、
事務員はみんな同じはず。


【本日のヘッドラインニュース】


■介護離職 3年で7割(asahi.com)
福井の地方記事から。
「定着率が低いと技術の向上につながらず、サービスの質や量の維持に悪影響を及ぼす」というのはその通り。程度の差こそあれ、この悩みはどこの県の施設でも大差ない。職員の給与上げる話とかも出てはいるが、将来も見据えた人材確保の対策にもう少し国は力を入れて欲しい。


■75歳以上の医療保険料「出生率下がれば上昇」…厚労省局長(読売新聞)
出生率の見込み違いなんて、とっくにわかってた事だろうに。
役所の「いつもの手口」だからそんなことはこっちも予想の範囲内。いい加減、国民を騙すようなマネはやめれ。


■後期高齢者医療制度:首長7割「見直しを」(毎日新聞)
しかし国民全体からここまで反対される制度ってのも相当スゴイな。新しい制度が反対されたり酷評されるたりするのは珍しくも無いが、ここまで総スカン食らった制度って、GMの記憶にある中では「消費税」くらいのもんなのだが。もう廃止だ、廃止。


■定住自立:総務省研究会が「圏域」構想案(毎日新聞)
これはちょっと興味深い。
しかしうまく行くかは微妙な気も・・・。


■生活ドキュメント 息子介護(4)「ご近所さん」に支えられ(読売新聞)
息子さんが主介護者の家庭って、実は結構多い。
女性も大変だけど、GMも男子なので男性の介護者の方は特に心配。


■着衣着火:10年で83人死亡 65歳以上が7割 都内(毎日新聞)
これは本当に怖い。
GMも鍋に火をかけた際に、服の袖口にコンロの火が燃え移った経験がある。同居している家族の方は特に注意してあげて欲しい。


■アルツハイマー治療に光、さい帯血注射で有効?(読売新聞)
さい帯血(臍帯血)、最近よく聞く言葉ですね。
これは妊婦と胎児をつなぐ「へその緒」に含まれる血液のことで、骨髄と同様の成分が含まれています。白血病や再生不良性貧血の治療などで使われることが多く、再生医療の分野でも注目されているものです。これは期待。


■ALS:新たな原因遺伝子発見 新潟大チーム(毎日新聞)

GJ!
ALSについては前にも少し紹介したけど、原因がよくわからない難病のひとつ。医学の進歩で近い将来、完治できるようになることを期待。


【おまけ】

■筋力トレーニングをすると禿げるって本当?(世界の三面記事・オモロイド)
そう言えば、重量挙げの選手とかにはハゲてる人が多いような気が・・・。

■禁煙への救世主? 「喫煙」を予防するワクチン、北欧で臨床試験(AFPBB NEWS)
ちなみに看護師さんや介護職の喫煙率って結構高いんですよね。
簡単に禁煙できるようになるのは有難いかな(笑)


↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
訪問者数
最近の記事
プロフィール

特養事務員GM

  • Author:特養事務員GM
  • このブログは更新終了しています。記事の内容には現状と異なる部分がありますのでご了承下さい。
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
高齢者福祉・介護ランキング

人気ブログランキングへ

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。