介護メインの福祉情報blog。たまに独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「介護職員の6割強が慢性疲労」 日本医労連の調査で明らかに

■6割強が慢性疲労=腰痛、肩こり…人不足も深刻-介護現場を全国調査・日本医労連(時事通信社)

介護職員のなやみ

介護現場で働く人の6割強が慢性疲労を感じ、十分な福祉サービスが提供できていないと考える人の7割強が人員不足を理由に挙げている(中略)特に「疲れが翌日に残る」(43.2%)と「休日でも回復しない」(18.1%)を足した6割強が慢性疲労を訴えた。具体的な体調不良は、複数回答で腰痛(53.9%)、肩凝り(51.1%)、手荒れ(40.8%)などだった。



今年の2月に「腰痛」、介護従事者の8割が経験 という記事を紹介したけど、これは介護職のみんなが多かれ少なかれ実感してることじゃないかな。

記事中では人手不足による身体的疲労のみが強調されている感があるけど、忘れちゃいけないのがストレスから来る疲労。目に見えるもんじゃないから自覚するのが難しいけど、介護などの仕事は最も「うつ病」になりやすい職種の一つというデータもある。

睡眠をしっかりとったり、日々の体調管理に気をつけるのはもちろんだけど、ストレス解消になるような趣味を持つことも大切ですね。あとは国がもう少し介護行政全般における抜本的改革をしてくれれば良いのだけど・・・。


↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
訪問者数
最近の記事
プロフィール

特養事務員GM

  • Author:特養事務員GM
  • このブログは更新終了しています。記事の内容には現状と異なる部分がありますのでご了承下さい。
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
高齢者福祉・介護ランキング

人気ブログランキングへ

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。