介護メインの福祉情報blog。たまに独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/21の福祉・医療ニュースヘッドライン

今日は海の日

佐賀の海


今日はたまたま仕事が休み。
人並みに祝日に休めるのは珍しいです。でも施設では今日も介護職の皆は通常通り出勤中。在宅の人達にも休日は関係ないしね。なので、ブログも通常通り更新です。


【本日のヘッドラインニュース】

■介護報酬引き上げ求める=人材確保で中間報告案-厚労省研究会(時事通信社)

来年度の介護報酬改定時にはとりあえず金額は引き上げられるだろうな、とはGMも思ってるけど、それには体制面などで色々と条件が付くだろうから、そっちの方が気になるかな。あと、ここ数年の介護・医療支出の抑制方針の影響で施設の経営体力はどこも相当落ちてるだろうから、介護報酬が上がったからといってすぐには職員の給与UPには結びつかないでしょうしね。保険者の財政も潤沢じゃないし。


■介護報酬:引き上げ、市長半数「慎重に」 財政難、7割が人材難懸念(毎日新聞)

人材難だから給与などの待遇改善を図って人材を定着させたい。でも財政難で手が回らない。にっちもさっちも行かない状況ですね。でも、記事中の「(介護職の)給与が高いとは言い難いが、経営者(事業者)が報酬を独占している傾向もみられる」という市長の見方はどうかと。全部が全部そんな施設じゃないと思うんだが。何なら自分で帳簿見てみたらどうです?


■介護職員:1年間で22%が離職 7割以上は勤務3年未満(毎日新聞)

もはや見慣れた記事。
待遇改善には保険料の値上げが伴う訳で、そこはGMもジレンマになっているんだけれども、そもそも将来の介護の担い手がいなくなれば金がいくらあっても日本の介護体制自体は破綻してしまう。下の下、くらいの今の待遇がせめて"中の下"くらいに感じるくらいの待遇にならんもんかなぁ。


■社説:介護人材の確保 団塊世代と若者で支えよう(毎日新聞)

団塊世代を活用したいなら年金のしくみを変えてあげないと難しい。短時間勤務だと人員配置基準上、厳しいものもあるし。それに夜勤をやりたがる人も余りいないだろうしね。若者の力は不可欠かと。


■災害時要援護者の支援・・・高齢者らの避難 地域ぐるみで備え(読売新聞)

このブログでも昨年9月の記事で少しだけ触れたが、災害時の要援護者の情報を地域住民と共有することは、個人情報保護の問題もあって消極的だし遅れがち。地域の協力は絶対に必要なので改善してほしいところ。


■さざ波 介護現場ぬくもりの言葉(読売新聞)

ええ話や・・・。


■「秋田さ来てけれ」 医師確保になまはげが呼びかけ(asahi.com)

どこも医師確保には必死ですからね。
ちなみに昨年10月の記事でも紹介したけど、"なまはげ"のなり手自体も少子化で少なくなってるんですよね。


■熱中症 「暑さ指数」上手に活用を 「危険日」は屋外での運動控え、水分補給(msn産経ニュース)

GMも20代前半の頃、炎天下での引越しアルバイト中に熱中症で病院に担ぎこまれた事があります。その頃は体の頑丈さにはかなり自信があったんだけど、両足が痙攣して意識障害まで出てやばかったです。高齢者が家族にいる方は充分気をつけてあげてくださいね。



【おまけ】

■「ピカチュリン」と命名 網膜の神経回路つくる物質(中日新聞)

ポケモンのキャラクター名から命名www
学者先生にしてはおもしろいことを(笑)。


■高齢でも若者の半分=脳神経細胞のもと、学習担う海馬で-サルで判明・東大など(時事通信社)

へー。

■100歳の巨大ロブスター!食べるか、それとも海に返すのか? カナダ(AFPBB NEWS)

あんまり美味しそうじゃないし、海に返してあげたら?


↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
訪問者数
最近の記事
プロフィール

特養事務員GM

  • Author:特養事務員GM
  • このブログは更新終了しています。記事の内容には現状と異なる部分がありますのでご了承下さい。
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
高齢者福祉・介護ランキング

人気ブログランキングへ

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。