介護メインの福祉情報blog。たまに独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/24の福祉・医療ニュースヘッドライン

7月24日

記事の3分の1くらいのデータが消えてしまった・・・。
ブログやってる皆さん、記事データの保存はこまめにね・・・。


【本日のヘッドラインニュース】


■【ゆうゆうLife】介護 家族介護 足りない心への支援策(上)
■【ゆうゆうLife】介護 家族介護 足りない心への支援策(中)
■【ゆうゆうLife】介護 家族介護 足りない心への支援策(下)心の危険に気付く態勢を

msn産経ニュースの特集記事。
人に相談するだけで心が軽くなることもある。1人だけで抱え込まないで・・・。


■「胃ろう」という選択(下)患者や家族に 正確な情報必要(読売新聞)

昨日紹介した記事の続編。
"胃ろう"そのものは便利だし優れた食事摂取の方法だと思うが、おなかに穴を開ける訳ですからね。慎重に考える必要はあるかと。時間がかかっても口から食べ物を摂れる状態なら余計に。口から食べる事はとても大切だと思う。それにしても、胃ろうについての介護職と看護師の意識に大きな違いがあるのは興味深いな。介護職の見方は、視点を"医療"ではなく"生活"に置いているからだ、とGMは考えるが。


■生活保護、自治体窓口で申請45% 国の抑制策背景に(asahi.com)

水際作戦の影響ですかね。
余談ですが、生活保護法では保護を実施する場合の原則として①申請保護の原則(法第7条)、基準及び程度の原則(法第8条)、③必要即応の原則(法第9条)、④世帯単位の原則(法第10条)、という4つの大原則があります。法律に興味ある方は調べてみて下さい。しかしまぁ生活保護の在り方に関しては、モラルハザードや不正受給者などの過保護の問題や、本当に保護を必要としている世帯(ワーキングプア世帯など)が保護されていない、という側面もあるので、なかなか難しい面も多い。


■ケア開国:インドネシア介護士/中 「帰国し技術生かす」(毎日新聞)
■看護師・介護士、226人=対日派遣、予定大幅に下回る-インドネシア(時事通信社)

外国人介護士(インドネシア)に関する記事。
記事によると、自国外への看護師・介護士の出稼ぎの結果、インドネシア国内の医療の空洞化を引き起こしているらしい。とは言え、フィリピンのように国外への出稼ぎ労働者による海外からの送金が国家経済の一端を担っている、という労働構造の国もある訳で、日本への看護師・介護士の派遣ばかりがインドネシア医療の空洞化の原因とは一概には言えない、と個人的には思うのだが。あと、前にも言ったが応募人数については、ひと月足らずで226人も集まったんなら上出来ではないかと。


↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
訪問者数
最近の記事
プロフィール

特養事務員GM

  • Author:特養事務員GM
  • このブログは更新終了しています。記事の内容には現状と異なる部分がありますのでご了承下さい。
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
高齢者福祉・介護ランキング

人気ブログランキングへ

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。