介護メインの福祉情報blog。たまに独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護サービス情報の公表制度・・・ちょっと待て。

皆さんはアンケートに答えたことがあるでしょうか。

買い物をした時や街を歩いている時に「良かったらアンケートに協力して下さ~い」と声をかけられることってありますよね。
何もくれない場合も多いですが、アンケートに答えてあげると粗品や試供品をくれたり、抽選でプレゼントをくれたりすることがあります。その人の貴重な時間を割いて協力してもらっているからだ、という意識が働いているからだと思います。

お金を払ってアンケートに答えろ」、なんていう人は普通はいません。少なくとも私は見たことありません。そんなの失礼ってもんですよね。

ところが


そんなふざけたことを平気で押し付けてくる連中がいます。
そう、僕らの国「ニッポン」です。

ヤクザやチンピラじゃないですよ。「日本国」です。
ワールドカップで派手に負けた、あの「ジャパン」です。

実際に事業所の調査を行うのは自治体から委託を受けた「調査機関・公表センター」なんですが、そこに金を支払わせることを決めたのはです。日本国首相のアラレちゃんのDr.マシリト小泉純一郎です。


さて、

ここでいう「アンケート」というのは今年から始まった新しい制度、
介護サービス情報の公表制度」の下で実施される事業所の調書のことを指しています。

今日、大阪在住の友人とたまたまこの話をしたのでブログのネタにしたんですが、この制度は「事業所の情報を公開することで、利用者に適切なサービスを選んでもらいやすくしよう」、といった主旨のもので、その考え自体は全く問題ありません。良いことだと思いますよ。国民の皆様の介護保険料をもらって運営してる施設ですもの。情報公開は当然の義務ですよね。喜んでやらせていただきますよ。
ええ。



金さえかからなければな



タダならともかく、事業所から手数料を取るんですよ。この調査は。
人にものを頼んでおいて金まで取るってのはどういう事なんですかね。前から話には聞いてたんですけどね。やっぱりいかがなものかと思う訳ですよ。

しかもこの手数料は条例で各都道府県別に決められていて、金額が土地によってバラバラなんですよね。

シルバー産業新聞」さんの記事によると特養の場合、この手数料の全国平均は、調査手数料・公表手数料を含めて55,000円
この手数料はたとえ同一敷地内にあっても各事業所ごとに必要になるので、仮に特養・通所介護・訪問介護・居宅介護支援の4事業を行っている施設の場合、特養と同じ金額の手数料が必要な県なら、合計で220,000円(!)を支払わないといけないのです。ただでさえクソ忙しいのに仕事増やされたあげく、金までむしり取られるのは納得できません。

ただでさえ、普段から老施協や市町村、民間団体から大学なんかの研究施設に至るまで、様々な団体から調査書を提出しろだのアンケートに答えろだの言われてるっていうのに。しかも内容はどこも似たりよったりのものばかり聞いてくるのでウンザリしてるんですわ。頼むからせめて役所に出す調査書類くらいは国と自治体で話し合って統一してくれ、って言うか一回だけにして下さい(たぶん無理だけど)。同じようなことを何度も調べるのは面倒なのよ。勘弁して下さい。
( T.T)


それより何よりGMが不快なのは、この調査を実際に行う、自治体から委託された「調査機関・公表センター」のことです。

大阪で特養の相談員をしているGMの友人に聞いたところ、大阪では「(財)大阪府地域福祉推進財団(通称ファイン財団)」というところが調査機関として指定されてるそうです。「財団法人」です。しかも「大阪府」って名前まで入ってます。


名前の感じからして、いかにも役人の天下りのために作られた団体っぽいんですけど。
(´Д`)



よりにもよって、そんな所に金を出すことになろうとは。


他の県でも似たようなもんなんでしょうね。きっと。
やだやだ。

GMはいま別の仕事で手が離せないこともあって、まだこの調査の関係書類を上司に見せてもらってない(というか通知が来てるのかもしらない)のですが、見る前から既にやる気ナッシングです。チョベリバ~って感じです。下手したらです。


誰か何とかして下さい。



・・・と、他力本願なコメントを残したところで今日はこの辺でお終い。
言い出したらキリが無いので次回またお会いしましょう。

ではまた・・・。



↓GMの考えに共感できる方はクリックよろしゅう。<(_ _)>
人気ブログランキング


FC2 Blog Ranking(福祉・ボランティア部門)



コメント
全く同感!!
実は我が茨城県では、昨日、県内介護事業所の「施設責任者会議」みたいなのがあって、そこで今回の「介護サービス情報の公表」についての話があったそうです。茨城の場合、調査事務手数料40,000円、公表事務手数料10,000円!!当事業所の場合は、3種類なので合計150,000円!?しかも毎年!?ふざけるな!!です。
2006/06/28(水) 11:51 | URL | むう #-[ 編集]
|ω・´)
福島、1件
調査手数料38,000円
情報公表手数料12,000円

( ´ー`)フゥー...

居住費と食費みたいに、みんな基準価格ぴったりな予感(´ヘ`;)
2006/07/02(日) 16:10 | URL | さむ #cxq3sgh.[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

介護サービスの情報公開制度

( ´ー`)フゥー...GMさんのブログをみて、うちのところにも来ていたのを思い出した・・・。また、無駄に仕事量の増える制度が・・・。

「介護サービス情報の公表」が始まります。え!?毎年15万円もとられるの?

昨日、茨城県内の介護事業所(およそ1800所)の施設責任者の会合が水戸であり、当事業所からもM施設長さんが出席してきたそうです。さきほど、昨日の説明会の報告を聞いたのですが、驚くべき内容が一つありました。Mさんも怒りを隠していませんでしたが、今回の介護保
訪問者数
最近の記事
プロフィール

特養事務員GM

  • Author:特養事務員GM
  • このブログは更新終了しています。記事の内容には現状と異なる部分がありますのでご了承下さい。
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
高齢者福祉・介護ランキング

人気ブログランキングへ

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。