介護メインの福祉情報blog。たまに独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「第19回介護福祉士国家試験」の申込み時期ですな

毎年この時期になると「介護福祉士国家試験」について、スタッフから問い合わせやら質問やらを受けるようになります。

受験しようとしている人には既知のことかもしれませんが、良い機会なので試験の概要を今回は簡単にご紹介しておきます。
尚、ここで紹介するのは実務経験を積んだ人が受験する場合のお話しですのであしからず。

概要をまとめるとこんな感じです

試験の概要



従業期間とは在籍した日数、従事日数は実際に働いた日数です。

たまに在籍してるだけで受験資格ができると思ってる人がいますが、それは間違いです。3年以上介護業務に携わった上で、なおかつ実際に働いた日数が540日以上ないとダメなんです。
試験日までにこの条件がクリアできる人なら見込み扱いで大丈夫なんですが。

あと、従事日数には有給休暇や特別休暇、研修、出張なんかで実際には介護をしていない日は含まれないので注意して下さいね。

実技試験については、去年から「介護技術講習」を前もって受講していれば実技試験は免除されることになってます。受講する人には関係ありませんが、試験を受ける人はがんばって下さいませ。
p(^^)q

ちなみに「受験の手引き」の発送は、7月18日頃から開始されるようですので、請求は早めにしておくことをオススメしておきます。


ところで



皆さんが気になるのは試験の合格率ではないでしょうか。
そう思って少し調べてみました。

過去5年間の合格率(全国平均)はこんな感じです。

合格率(過去5年間)


5年間の平均合格率は45.6%
約半数は合格する計算になります。

数ある国家試験の中では合格率は非常に高い部類に入りますが、油断は禁物ですよ。逆に言うと半分以上の人は不合格になってるんですから。「5割近くも合格するような試験なら楽勝♪」とか思ってあまり勉強していない人は気をつけましょう。

とは言え、働きながら勉強するのは至難のワザだと思います。GMも同僚の職員から「勉強したくても時間がなかなか取れない」「疲れて集中できない」といった声をよく耳にしますが、介護福祉士を取得すれば仕事の幅も広がりますし、自分への自信もつくと思います。

GMは福祉施設で働きながら資格取得を目指す、全ての職員さんを応援しています。

がんばって下さい。

ちなみに「受験の手引き」に同封されてる「実務経験証明書」は、なるべく早めに事務員さんに渡してあげると助かるかも。

調べるのに時間かかることもあるので、ギリギリになってから渡されると困っちゃうもので・・・。
(_ _ ;)


尚、今回紹介したのはごく一部分だけですので、詳細について知りたい方は「財団法人 社会福祉振興・試験センター」のサイトを参考にして下さい。

今年から携帯からでも見ることが可能になってます。
↓コピペでどうぞ
http://www.sssc.or.jp



全ての介護福祉士国家試験受験者に幸あれ。

今日はこの辺で終了。
ではまた。

↓おすすめの参考書(小さくて持ち運びやすいので○)

↓GMの記事を気にいった、という方はクリックよろしゅう。<(_ _)>
人気ブログランキング


FC2 Blog Ranking(福祉・ボランティア部門)



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
訪問者数
最近の記事
プロフィール

特養事務員GM

  • Author:特養事務員GM
  • このブログは更新終了しています。記事の内容には現状と異なる部分がありますのでご了承下さい。
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
高齢者福祉・介護ランキング

人気ブログランキングへ

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。