介護メインの福祉情報blog。たまに独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「平成21年度介護報酬改定について」がWAM NETにて公開中  第55回社会保障審議会介護給付費分科会資料(平成20年10月3日開催分資料)

今日も遅めの夕食を食べつつテレビをボーっと見ていると、GMの好きなテレ東系のTV番組「ガイアの夜明け」の放送が始まった訳だが、「おー、今日は何の特集なのかねぇ。それにしても、このから揚げうめぇな。おかわりな。おかわり。などと言いつつ、チャーハンとサラダとから揚げと中華スープという黄金比的中華系夕食を胃袋にひたすら詰め込むという作業の方が今日も一日仕事で疲れて空腹だったGMにとっては重大かつ火急の用件であって、TVの方は見るとはなしに見ていただけだったのだが、「あれ?今日は介護の特集なの?」と気付いてからはTVに夢中。

「あー、やっぱり介護人材の不足の話が出ますかー」

とか、

「TVに出てる特養けっこう給料良いじゃん。うちの近所でそんな施設ねえよ。おお、インドネシア人も受け入れてるんか。そりゃTVにも映るわなー。しかし一日に礼拝が5回必要とか辛すぎだろ、常識的に考えて。」

などと言いながらTVをしばらく見ていたため、気が付いたらテーブルには冷めて味気の無くなったチャーハンと中華スープが半分くらい残ったままで寂しげに置かれていた。悲しいよね。

ああ、介護の仕事万歳。

さて、謎の近況報告も終わったところでようやく本題に。

表記のように平成21年度介護報酬改定に関する資料が、10月3日に開催された「第55回社会保障審議会介護給付費分科会」(長いなw)の資料中で公開されています。

■第55回社会保障審議会介護給付費分科会資料(平成20年10月3日開催)※個別ダウンロード用 (WAM NET)


まだまだ素案と言うか、そもそも何が具体的に決まっているという訳でもない「資料の前の資料」的な文書なのですが、いち早く来年度の介護報酬改定について知りたいという熱心な方や、「厚労省の出しているPDF文書を見ると居ても立ってもいられなくなるのよ。もうね、見たいのよ、見せて」という少々アレな方にとってはたまらない資料なのかもしれません(ちなみにGMはアレな方の人間だったりしますがw)

この会議の資料には幾つもの文書が一緒になってUPされていますが、平成21年度介護報酬改定において重視されている(らしい)内容を大雑把にまとめると以下の通り。

①介護従事者の人材確保対策
②医療と介護の連携
③認知症対策の推進
④平成18年度介護報酬改定の際に導入されたサービス(予防給付や地域密着型サービス)の検証
⑤サービスの質の確保と業務効率化の推進



大体こんな感じでしょうか。
色々と挙げられていますが、前々から言われてることばかりなので目新しいものは無いかな。予防給付や地域密着型のサービスについては検証をしっかり行って欲しいですね。他には日本医師会の方からも人員加算の創設やら、補足給付の見直しやらを提言されているようなので詳しくは資料を参照していただければ。

ちなみに介護報酬の引き上げについては、報酬上がると介護保険料も上がってしまう可能性が極めて高いので、こればっかりはGMも少々悩みどころだったり。とはいえ大抵の施設では、

『保険料上がるのは不本意だけど、人員やら体制をそれなりに整備している施設にはそれなりに報酬上げてやってくれよ。というか、適正な報酬にしろって。人手不足でこれだけの事やってんのは大変なんだからさー。つーか、人いない。いや、ホントにいないのよ、人が。ああ、あと、無駄に多い書類仕事とか何とか無くしてくれんもんかねー。な?頼むよ?本当に頼む。いやマジで。あー辛い。辛いよー、辛っ。』

という感じなんじゃないかなーとは思いますが。


あと、余談ですが⑤に「業務効率化の促進」という項目があるけど、これはこの前に別の資料でも出ていた「書類の簡素化」に関する事項も含まれている。それはそれで進めてもらえば良いのだけれど、どうせなら「厚労省あたりからよく来るアンケートの類も減らしてもらえんかなー」と思うんですよね。

実は今日、何気なく自分の机の書類立てを見てみたら"厚労省事業の何だかよくわからんアンケート"が突き刺したままになっていたんですよ。提出期限は9月末日。やばい、忘れてた。

「まぁ義務的なアンケートじゃないから良いよ」と事務長からお許しは出たが、何となく気になったので中身をペラペラめくってみたところ、これがGM的には大爆笑。いや、何が聞きたいのかさっぱりわからんのですよ(笑)。

 『利用者の患部の痛みの程度を判断するためにかけている時間は何時間何分何十秒か

とか聞かれても、その人によって違うとしか答えようが無いでしょうが(笑)。もうね、アホかと。

こういったものから減らしてもらえれば現場の負担も少しは減るのかもね。


↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

コメント
医療保険法の現状
 介護現場、揺れてますね。私は看護師として現場の業務で手一杯です。リハビリ送迎、配薬、特浴・入浴介助など。でも福祉機器やサービスが今後法の改正によってころころ振り回されるのもつらいです。いい加減に統一してほしいものです。
2008/10/11(土) 03:23 | URL | 小心看護師 #-[ 編集]
来年度は改定
小心看護師さん、コメント感謝。


みんな業務で手一杯ですからね。余分な手間仕事は減らして欲しいといつも思ってます(特にアンケートとかアンケートとかアンケートとか公表制度とか)。

サービスが変わるといえば、来年度は「介護報酬改定の時期」なので、書類を作り変えたり、PCソフトの手直しがあればそれを入力したりと、色々と手間が増える予感が。

覚えることも多くなりそうだし、忙しい日々は当分続きそうです・・・。
2008/10/12(日) 11:15 | URL | GM #JalddpaA[ 編集]
書類の簡素化
投票しておりませんが、たまに拝見させていただいてます。

私も兵庫県の片田舎で特養事務してます。

今回、アンケートの事が書いてあったのでコメント書かせていただきました。

うちにも来てました、厚労省からのアンケート。
事務は笑ってました。看護師が泣いてました。
誰がこんな時間計ってんだと・・・

このアンケートを考えた会議見てみたいものです(笑)

同じようなアンケートを同じような時期に
様々な機関から来るの止めて欲しいですね↓

同法人の本部に、アンケート内容で問い合わせの電話をしたら事務長が
「そんなん、ほかした(捨てた)」
とあっさり返事が返ってきました(笑)

家も、結局ほかしました。
2008/10/13(月) 11:38 | URL | ヴぁヴぁ #-[ 編集]
ヴぁヴぁさん、はじめまして
ヴぁヴぁさん、はじめまして。
コメント頂きありがとうございます。
アンケート、ヴぁヴぁさんの法人にも来てましたか。事務長さんは正しいと思いますよ。そりゃ捨てるわ(笑)。

そんな時間計ってる施設があったら教えてくれと言いたいです。おそらく4月の診療報酬改定時の「再診料5分ルール」に由来する質問なんでしょうが、その数字が有効に活用されるとは思えんのですよね。

このアンケート、他にも「浣腸」に関する項目がやたらに有って笑わせてもらいました。事務も看護も忙しい仕事の間の息抜きにはなったから、その意味では役に立ったかもしれませんが(笑)。

楽しんだ後はヴぁヴぁさんの法人のように速攻でゴミ箱に直行。しかし、こういう時間ばかりとるアンケートは本当に困る。同じような事を何回も調べるのは結構手間だし、どこも聞いてくる内容は大抵は角度が違うだけで聞きたいことは同じようなものばかりですしね。

正直、毎日のようにFAXや郵便で送りつけられてくるアンケート類の数にうんざりしているところです。

2008/10/13(月) 19:23 | URL | GM #JalddpaA[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
訪問者数
最近の記事
プロフィール

特養事務員GM

  • Author:特養事務員GM
  • このブログは更新終了しています。記事の内容には現状と異なる部分がありますのでご了承下さい。
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
高齢者福祉・介護ランキング

人気ブログランキングへ

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。