介護メインの福祉情報blog。たまに独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビの買い替えは当分不要 2011年7月24日以降もアナログ放送が受信可能に

■地デジ移行後3~5年、CATVはアナログ放送受信可能に(読売新聞)

テレビ


何でまだまだ使えるテレビを買い換えたり、チューナーを購入しなきゃならんのよ。ていうか勝手に地デジにすんな(怒)、と思っていた方に朗報です。
(詳細は以下から...)
景気悪化で地上デジタル放送対応機器の普及に遅れが出ているため、ケーブルテレビ(CATV)利用世帯に限り、2011年7月24日の地上デジタル放送への完全移行後もアナログ放送が引き続き受信できるようになりました。

地デジ移行後3~5年間の時限措置ということなので、最大で2016年までは現行のアナログテレビが使える模様。「急いで買い換えなきゃ!」と思ってた方は少し待ってみても良いかもしれませんね。

特に高齢者の方は地デジ化にあまりメリットを感じないという人も多いと思いますから(設定とか面倒だったり、見る番組も大体同じだったりで)、デジタル化移行までの猶予期間が伸びるのはありがたい。

GMの家もケーブルテレビなんですが、アナログのブラウン管テレビで特に不足は感じてないですし、とりあえず今のテレビがぶっ壊れるまでは使い続けたいと思っています。

ただし、施設のテレビはケーブル方式ではないのでいつかは工事しなきゃならんのですがね。

あー、結局また仕事が増えるんだなぁ・・・。

↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
訪問者数
最近の記事
プロフィール

特養事務員GM

  • Author:特養事務員GM
  • このブログは更新終了しています。記事の内容には現状と異なる部分がありますのでご了承下さい。
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
高齢者福祉・介護ランキング

人気ブログランキングへ

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。