介護メインの福祉情報blog。たまに独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「広域対応訪問看護ネットワークセンター」を設置 訪問看護の地域拠点整備で 厚労省

■訪問看護の地域拠点を整備 厚労省が設置促進(日本経済新聞)

訪問看護の地域拠点整備へ

来年度(2009年度)から事業を実施し、開設は2013年度までに各都道府県で行われるという触れ込みの「広域対応訪問看護ネットワークセンター」

※ご存じ無い方はこちらへ→ 「第57回介護給付費分科会(2008年10月30日開催)資料2-7 "訪問看護について"」(P10~)

国が補助金を出して設置を進めており、すでに来年度予算案として3億2千万円が計上中。来年度は全国23ヶ所に設置が予定されています。事業所1カ所当たりの補助金は1400万円程度になる見込みのようですね。

このセンターは訪問看護をおこなう各事業所に加え、各都道府県の医師会、看護師会、薬剤師会などからなる"訪問看護推進協議会"が設立するもので、文字通り訪問看護サービスの地域拠点となるべく整備されます。

同センターの主な事業は次の3つ。

①請求業務等支援事業(レセプト作成・料金請求)
②コールセンター支援事業(利用者の相談受付・情報提供)
③医療材料等供給支援事業(供給システム整備・材料納品)


要するに、手間のかかる業務を同センターで引き受けることで、訪問看護ステーションの負担を解消しようというのが狙いですね。

負担が軽くなった分、利用者へのサービスがより手厚くなり、ニーズにも答えやすくなれば、訪問看護の使い勝手が向上する=在宅介護が行い易くなるため医療機関から在宅への移行もスムーズになる、という事でしょうか。

見込みどおりの効果が挙がるかはこれからの運営次第ですが、訪問看護の事業所にとっては面倒な仕事をセンターに肩代わりさせられるので、その点では有り難いことなんでしょうね。

・・・特養にもそういうセンターを作ってもらえんかなぁ(笑)。

↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
訪問者数
最近の記事
プロフィール

特養事務員GM

  • Author:特養事務員GM
  • このブログは更新終了しています。記事の内容には現状と異なる部分がありますのでご了承下さい。
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
高齢者福祉・介護ランキング

人気ブログランキングへ

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。