介護メインの福祉情報blog。たまに独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業式のカメラ撮影は許されない? 個人情報保護法の誤った解釈

■「卒業式の撮影」をめぐり議論 和歌山県の中学校(J-CASTニュース)

個人情報保護法の誤った解釈ですね。個人情報保護法の遵守義務があるのは行政や事業者であって、個人ではありません。無論、個人といえどもプライバシーは尊重しなければいけませんが、家族による卒業式のカメラ撮影まで拒否するのは行き過ぎです。

内閣府「個人情報保護法に関するよくある疑問と回答」にはこのように記されています。

Q3 -3 カメラで個人を勝手に撮影することは、個人情報保護法違反になりますか。 


A   カメラで撮影した映像も、それによって特定の個人が識別できるのであれば、「個人情報」に当たります(Q2-6参照)。したがって、個人情報取扱事業者は、その利用目的をできるだけ特定し(法第15条)、その範囲内で取り扱う(法第16条)ことが必要です。また、偽りその他の不正な手段によって個人情報を取得してはならない(法第17条)ことから、個人情報取扱事業者は、例えば、不正の意図をもって隠し撮りする等の行為をしてはならないと解されます。
 なお、例えば、学校の運動会の様子を保護者がカメラで撮影する場合など個人情報取扱事業者でない者が私的な目的で撮影する場合については、個人情報保護法の義務規定の対象とはなりません


このような私的範囲内でのカメラ撮影は問題ないということですね。ただし、個人であっても他人を撮影した場合には肖像権の侵害にあたる可能性がありますので注意が必要ですが。

ところで、問題になってる中学校のホームページには生徒の名前や写真がガンガン掲載されているのですが、事業者である学校が生徒の写真をい撮影してそれを公開することには制限があります。保護者に写真撮影を制限させるくらいだから無論すべてにおいて同意はとっているんでしょうね(笑)。

ちなみに、「プライバシーの保護」と「個人情報の保護」は良く似た言葉ですが、取り扱う範囲は別物。ややこしいですね。

今回のケースは介護絡みの件ではないですが、介護施設においても個人情報の取り扱いについては充分注意必要です。しっかり調べて過不足無く適正な個人情報の管理に勤めていきたいですね。

詳しく知りたい方は下記のサイトを参照してみて下さい。

【関連情報】
医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイドライン-局長通達(内閣府)
個人情報の保護(内閣府)
個人情報保護法に関するよくある疑問と回答(内閣府)
個人情報の保護に関する法律(e-gov)

↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング
コメント
おはようございます!
先日は、コメントを頂きありがとうございました。

2月16日にコメントを頂いていたのですが、ブログを改造するなど時間を費やしてしまい、変身が遅くなってごめんなさい。

今後とも、同じ業界人としてモチベーションアップなどを計れたら嬉しく思います。また、何らかの形で(全国大会など)お会いできるようでしたら、名刺交換をさせて頂きたく思います。

また、私のブログにGMさんのブログをリンク追加させて頂きました。もし、宜しければ私のブログもリンク追加して頂ければ幸いに存じます。ご検討ください。

今後とも、宜しくお願い致します。
2009/02/19(木) 08:56 | URL | 社長4129 #sSHoJftA[ 編集]
こちらこそよろしくお願いします
社長4129さん、コメントありがとうございます。
リンクしていただき感謝です。

こちらもリンクさせていただきました。事務職の方のブログは少ないので非常にありがたいです。私もまだまだ未熟者ですので色々と御指導頂ければ幸いです。

これからもよろしくお願いしますね。

2009/02/19(木) 23:55 | URL | GM #JalddpaA[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
訪問者数
最近の記事
プロフィール

特養事務員GM

  • Author:特養事務員GM
  • このブログは更新終了しています。記事の内容には現状と異なる部分がありますのでご了承下さい。
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
高齢者福祉・介護ランキング

人気ブログランキングへ

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。