介護メインの福祉情報blog。たまに独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの刑務所が老人ホーム化 日本も対岸の火事では済まない

■米刑務所が「老人ホーム」化? 受刑者の高齢化進む (CNN.co.jp)

アメリカのニュースから。
アメリカでは受刑者の高齢化が進んでおり、55歳以上の男性受刑者の数が、2007年に8万9900人に達しているのだそうです。ほとんどは持病や認知症などの疾患を抱えており、刑務所にかかる多額の医療費が、刑務所を管轄する州の財政を圧迫しているんだとか。

ところで、
実はこの手の話はアメリカに限った話ではなく、日本でも同様だったりします。

当ブログの2008年1月3日記事でも紹介していますが、日本でも愛知県の豊橋や愛媛県の西条、広島県の尾道などにある刑務所が、増え続ける高齢受刑者に対応するため、バリアフリー化した刑務所として設置されています。

一般的には「高齢者の犯罪」などと言うと、「生活費に困って万引きした」、といった、一種悲壮なイメージの方が強いんだと思いますが、実は全然そんなことは無く、警察庁の統計資料によれば、高齢者犯罪で最も増加が著しいのは、何と「暴行・障害」などの粗暴犯なのです。

データによれば、平成12年には762人だった粗暴犯の数が、平成20年には3,404人にまで増加。増加率はたった8年で4.5倍に達しています。平成9年から数えた場合の増加率は17倍以上

粗暴犯となれば、刑務所行きの確率はかなり高くなります。万引き犯も倍加しており、それも問題ではあるのですが、粗暴犯の検挙数の比ではないのは明らかでしょう。

このあたりの話は介護関係の方は何故かあまり語りたがらないようで、「残念だ」というコメントだけで終わらせたり、専ら生活苦を理由にしての万引きの話などばかりを話したりして事実をぼかしてしまうのが常なのですが、これは厳然たる事実です。

高齢者の犯罪が増えた要因をいくつか挙げれば、

・社会的に孤立した高齢者の増加(不安感の増大)
・経済的な要因
・老老介護などによるストレス
・健康な高齢者が増えた


などといった所が挙げられるかと思います。
特に核家族化や近所付き合いをしない人間が多くなった昨今、高齢者の孤立化は大きな要因になっていると推察されます。

これは行政の力だけではどうにもならないでしょうから、地域を巻き込んだ一体的な取り組みが、今後どれだけおこなわれるかがポイントとなるでしょう。

ただし、前述したように近所付き合いの意識自体が希薄化していますから、正直なところ、それでどれだけの効果が挙がるかはわかりませんが。

高齢者犯罪は再犯率が高いことでも知られています。
刑務所に入れば日々の作業は辛くとも、衣食住は確保されますからね。粗暴犯として受刑したものの、出所後に行く先も収入のあてもなく、今度は軽い犯罪で再び刑務所に入れてもらうようになる、といった図式なのかもしれません。

今回取り上げたニュースはあくまでアメリカでの話ですが、「海外のニュース」というと、どうしても日本とは無関係な問題と捉えがちになってしまうと思い、今回のブログのネタに選んでみました。

日本でも同様の事態が既に起こっている、ということだけは覚えておいて下さいね。


↓ブログランキング参加中。あなたの1クリックにいつも感謝です。
人気ブログランキング
コメント
No title
はじめまして。いつも拝見しています。

高齢者に粗暴犯が多いのははじめて知りました。日本もアメリカのようになっていってしまうのでしょうか?
2009/11/26(木) 21:06 | URL | とくぞう #-[ 編集]
No title
はじめまして
とくぞうさん。コメントありがとうございます。

いや、もう既ににアメリカと同様になってきているんですよ。アメリカほど貧困の差が大きくないから目立たないだけの話で。このまま不況が続き、適正な政策がとられなければ、刑務所は高齢者でいっぱいになります。

少子高齢化が進んでいるし、寿命も延びているし、高齢者犯は再犯率も高いから、そうなるのはもう遠くないでしょうね。
2009/11/27(金) 10:21 | URL | GM #JalddpaA[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

米刑務所が「老人ホーム」化?ってアメリカの話!

親愛なる読者の皆様、記事を読む前にほんの数秒ほどください。 何卒、毎日の応援宜しくお願いします。 ポチっとお願いします→FC2 Blog Rankin...
訪問者数
最近の記事
プロフィール

特養事務員GM

  • Author:特養事務員GM
  • このブログは更新終了しています。記事の内容には現状と異なる部分がありますのでご了承下さい。
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
高齢者福祉・介護ランキング

人気ブログランキングへ

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。