介護メインの福祉情報blog。たまに独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福祉用具貸与の利用者数、大幅減(厚生労働省発表より)

平成19年5月28日付けで、厚生労働省より

『平成18年 介護サービス施設・事業所調査結果速報』

というものが発表されています。(↑クリックでサイトに移動します)


去年の10月頃に、介護保険を利用して使う施設を対象として行った調査の結果です。速報、という扱いなので調査全体の結果については掲載されてないけど、数字だけ見るなら問題ない。
「あ~なるほどね~」などと思いながら内容を読む。

で、気になったのはココ。

「2 介護サービスの事業所・施設数、利用者・在所者数の年次推移」



去年の介護保険制度の改正によって、「今まで使えていたサービスが使えなくなった」という利用者さん達が大勢出ましたからね。やはり気になる所です。

で、やっぱり利用者数は減っている
利用が増えてるサービスもあるけど微増の域を出ない。

特に減っているのはこの3つ

★訪問介護
  平成17年・・・1,090,112人
  平成18年・・・ 889,246人(-200,866人!

★福祉用具貸与 
  平成17年・・・ 965,245人
  平成18年・・・ 726,502人(-238,743人!


★居宅介護支援
  平成17年・・・2,264,525人
  平成18年・・・1,885,211人(-379,314人!




はい、メチャクチャ減ってます。




予想通りと言えばそうなんですけど、改めて数字で見ると減り具合が実感できますな。

訪問介護と居宅介護支援については、介護予防の人数も加えれば4~5万人の減少になるのでまだマシなんですが、特にヒドイのは「福祉用具貸与」。

福祉用具貸与の利用者数は介護予防分を含めても15万人以上の減少です。


「必要なのにベッドがレンタルできない」
「車イスが借りれなくなって、外出できなくなった」
「年金暮らしでお金が無いけど買うしかない」


職場やTVでこんな話をよく聞きます。
そりゃよく聞くはずだわ。
15万人もいりゃあね。

これって、イタリアのペルージャ(元サッカー日本代表選手の中田英寿が所属したチームがある)の総人口とほぼ同じですよ?

都市の丸ごと全員が福祉用具を借りられないってことですよ?


まぁ中には「介護保険で安くレンタルできるから」という理由で、あまり必要性も無いのにサービスを利用してた人もいるのかもしれんが、それにしても人数多すぎ



政治家の皆さん、もうちょっと何とかならないですかねぇ?


考えようによってはこれはチャンスですよ?
この問題、もし次の選挙までにうまく解決できたなら、

あなたの政党には、15万票という大量得票が見込まれると思うのですが。



各政党の党首の皆様、
御一考下さい。



↓ブログランキング参加中です。
人気ブログランキング

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
訪問者数
最近の記事
プロフィール

特養事務員GM

  • Author:特養事務員GM
  • このブログは更新終了しています。記事の内容には現状と異なる部分がありますのでご了承下さい。
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
高齢者福祉・介護ランキング

人気ブログランキングへ

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。