介護メインの福祉情報blog。たまに独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月17日は「父の日」ってことで。

今日は「父の日」。

GMの施設では毎年この日に「オヤジの会」という行事を催している。
夕方から夜にかけてお酒や簡単な料理、職員の余興などを披露して施設のおやっさん達をお祝いする行事である。今年も父の日である今日、6月17日に行われた。

特養では女性入居者の数が圧倒的に多い。
女性の方が男性より長命なせいだろうが、男性の数はとにかく少ない。
なので「オヤジの会」は男性の入居者さんが主役になれる数少ない機会だったりする。

出席者全員が男、という光景は女性が大部分を占める特養においては珍しいため、GMもチラチラと様子を見つつ残業をこなしていた訳なのだが、その時ふと思った。

父の日ってどんな日?

早速、普段から愛用しているフリーの百科事典サイト「ウィキペディア」で検索。


父の日(ちちのひ)は、父に感謝を表す日。6月第3日曜日。
1910年にアメリカ・ワシントン州のJ.B.ドット夫人が、彼女を男手1つで自分をそだててくれた父を覚えて、教会の牧師にお願いして父の誕生月6月に父の日礼拝をしてもらったことがきっかけと言われている。(中略)1972年(昭和47年)になり、アメリカでは国民の祝日に制定される。母の日の花がカーネーションなのに対し、父の日の花はバラ。ドット夫人が、父の日に父親の墓前に白いバラを供えたからとされている。




ほほう、そんな由来が。
しかもアメリカじゃ祝日かい。

一方、日本はと言うと・・・

日本では1950年代ごろから知られるようになったが、母の日に比べると一般的な行事とは言えない

そーなんよ。
母の日ほどメジャーな行事じゃないんよね。
男としちゃ、ちと寂しい気もしますな。

まぁ母の日みたいにあんまり派手に祝われても、男の場合かえって照れるだけかもしれんから今くらいの感じで丁度良いのかも。
第一、花とかもらっても扱いに困るし。

っちゅーか何でよりにもよって父の日の花はバラなんですか?
「バラの似合う日本のお父さん」ってかなりレアですよ?それ以前に男とバラの組み合わせには何やらいかがわしい匂いがするのですが。
・・・まぁ、日本ではバラを渡す風習は広まってないから構わんけど。


余談ですが、世界ではの父の日の日付がちょっと違う国もある模様。
それぞれのお国事情が反映されてますのでヒマな人は調べてみてはいかが?

ちなみに台湾の父の日は8月8日。88でパパ(爸爸)と発音するんだとか。
まんまやね。


↓ブログランキング参加中です。
人気ブログランキング


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
訪問者数
最近の記事
プロフィール

特養事務員GM

  • Author:特養事務員GM
  • このブログは更新終了しています。記事の内容には現状と異なる部分がありますのでご了承下さい。
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
高齢者福祉・介護ランキング

人気ブログランキングへ

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。