介護メインの福祉情報blog。たまに独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「医療機能強化型老人保健施設」が創設。あと、医療法人は特養の運営も可能になるようで。

ただいま「WAM NET」にて、
『第5回介護施設等の在り方に関する委員会資料』(平成19年6月20日開催分)というものが公開されています。
お題は大きく分けて2つ。

A.療養病床から転換した老人保健施設(老健)の医療サービスの提供
B.療養病床転換促進のための追加支援措置



療養病床の老健への転換が遅れ気味になっている件については過去ログの『「医療法人」が有料老人ホームを建設する日』でも少し触れましたが、どうやらお役人様方もこのままじゃマズイと思ってるようで、今回の資料はその対策について識者と意見交換した内容などが書かれています。

で、まずはAの内容なんですが、

簡単に言うと、療養病床から老健に転換した施設へ利用者さんを入所させたとしても、ちゃんとした医療サービスを老健で提供できなかったら結局は病院に逆戻りになっちゃうんですよね。これじゃ療養病床を減らす意味が無い。

そこで考えられたのが、医療機能強化型の老健

ある程度の医療サービスの水準を維持しつつ、老健で在宅への復帰を目指す、という感じでしょうか。療養病床と従来の老健とのハーフみたいなもんだと考えれば良いと思います。
強化される医療サービスは以下の3つ。

・夜間等日勤帯以外の時間帯の対応
・入所者の看取りへの対応
・リハビリ


この案、実施時期は未定のようですが、19年度中には医療職の配置基準や介護報酬をいくらにするか等を公表したいそうですね。


・・・GMは特養の事務員なので老健については正直なところあまり詳しくありません。まだまだ勉強中の身ですし。
なので、この方策の善悪については、GMより賢い人達がやってるブログやサイトを参考にして判断していただいた方が良いと思うんですが、療養病床から老健への転換という、この一連の動きからGMが受けた印象だけは言っておきます。

何か、この施設って
ものすごく中途半端な施設になる
って感じがするんですけど。


夜間時の医師の対応については外部の医師の往診でも良いとか、看取りへの対応を整備するだの言ってるんですが、これって特養と変わらんような気が。

確かに夜間の看護師さんの配置がキチンと出来てれば特養よりは手厚い対応ができるような気はしますが、医療機能の強化ってこんなもんなんですか?

この「医療機能強化型老健」って、療養病床の医療保険分を介護保険側である老健に押し付けたいだけなのでは?


・・・まぁGMの感想はこんなところですかね。
理解が足りてない部分も多々あるかとは思いますが、間違ったこと言ってたら指摘してやってもらえると有難いです。


あと、B.追加支援策についてなんですが、これは療養病床を老健に転換しなきゃいけない医療法人への支援のことですね。医療機能強化型老健の創設を合わせて全部で7つあります。

①医療機能強化型の老人保健施設の創設
医療法人などの営利目的ではない法人による特別養護老人ホームの設置(!)
③サテライト型施設の多様化と規制緩和
④小規模老健施設の人員基準等の緩和
⑤在宅医療と「住まい」の場を組み合わせたサービス提供体制の構築
⑥新たな借換融資制度の創設
⑦第4期介護保険事業計画における療養病床転換の受入れの円滑化



・・・そうなんですよ。
医療法人が特養を経営できるようになるんですよね。

6月20日のasahi.com(朝日新聞)の記事でも紹介されてましたが、病院から行き来できる所に特養があれば、③の「サテライト型施設の多様化」によって、医務室や調理室の設備、医師、ケアマネジャーなんかのスタッフまで本体施設と共用できるようになるんですよ。
これならコストが安くつきますな。
療養病床を特養へ転換するって手も使えますし。



まぁ、色々と書きましたが、概要について手っ取り早く知りたい方は最初に紹介した資料、『第5回介護施設等の在り方に関する委員会資料』(平成19年6月20日開催分)36枚目以降を読んでいただくと良いかと。
図とかでまとまってるのでGMの記事を読むよりわかり易いですわ。
(-.-;)y-~~~

それにしても、この業界もどんどん変わりつつあるんやなぁ、とこの数日でちょっと実感。
吉と出るか、凶と出るか。

願わくば全ての高齢者に幸多き結果が出ることを期待しつつ本日はこれで終了。

次回またお会いしましょう。
ではまた・・・。


↓ブログランキング参加中。クリック感謝です。
人気ブログランキング


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
訪問者数
最近の記事
プロフィール

特養事務員GM

  • Author:特養事務員GM
  • このブログは更新終了しています。記事の内容には現状と異なる部分がありますのでご了承下さい。
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
高齢者福祉・介護ランキング

人気ブログランキングへ

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。