介護メインの福祉情報blog。たまに独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばあちゃんは強し

■85歳女性、17歳強盗に銃を突き付け通報させる(CNN.co.jp)

ばあちゃん強ぇwww

↓ちなみにこんなニュースもあった↓
http://jp.youtube.com/watch?v=5edBkGNL0-c

お年寄りを馬鹿にしちゃダメ。

↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

【訃報】世界最高齢ブロガーのオーストラリア人女性が108歳で逝去

■世界最高齢ブロガーのオーストラリア人女性が死去、108歳(ロイター通信)

最高齢ブロガー死去


世界最高齢のブロガーとして高名なオーストラリア人女性、オリーブ・ライリー(Olive Riley)さん亡くなった、との訃報が世界中のメディアを通じて報道されました。同じブログを運営する者として、また高齢者福祉に携わる者として、ここに深く哀悼の意を捧げたいと思います。


↓ちなみに彼女のブログはこちらで読めます。
■World's Oldest Blogger(亡くなったライリーさんのブログが掲載)
http://worldsoldestblogger.blogspot.com/


彼女は2007年2月にブログを初め、書き込み件数は70件以上。

最後の記事は先月26日の書き込みで、老人ホーム(nursing home) の友人ペニーさんの娘(プロ歌手)が面会に来たこと、職員も交えて皆で楽しく歌を歌ったこと等が綴られており、

「それは、なかなかのコンサートだったわよ!」(It was quite a concert! )

という楽しげなコメントも寄せられていました。


御本人はまだまだブログを続けていくお気持ちだったに相違なく、残念でなりません。

ライリーさんのご冥福を心よりお祈りいたします。



↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

性生活を楽しむ70歳の男女が増加=スウェーデン調査

え~、仲の良い高齢者夫婦が増えている、という記事です。。

■性生活を楽しむ70歳の男女が増加=スウェーデン調査(ロイター通信)


まぁ、調査対象はあくまでスウェーデン人なので、"日本人はどうなんだよ"と言われても今ひとつわからない訳なんですが、高齢者の性の問題については当ブログの昨年9月記事(「高齢者と性・・・それって普通ちゃうの?」)という勢いだけで書いた記事(つまりグダグダな文章)でGMもちょろっと触れておりますので、死ぬほどヒマな人はどうぞ。


ちなみに下の動画は往年の名CM、ライオンのチャーミーグリーンのCM。おじいちゃんとおばあちゃんが手を繋いでスキップしてるバージョンを探してたんだけど、無かったので代わりにこちらをUP。うちの相方は将来こういう夫婦になりたいと思ってるらしいです。



GMの将来の夢は亀仙人のじっちゃんみたいな老人になることなんですがねぇ。

価値観の違いってやつかな・・・。


↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

77歳でサーフィン!? 日本移民のばあちゃん、ブラジルで人気

■70代で波乗り 日本移民のばあちゃん、ブラジルで人気(asahi.com)

77歳だって(笑)


77歳でバリバリの現役サーファー、ってのは凄いなぁ(笑)。
カッコイイです。

え、GMですか?

サーフィンは得意ですよ?

ええ。


ネットサーフィンだけどな。



↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

「年金を引き上げろ!」 オーストラリア人が"半裸"でデモ行進 

 ■年金引き上げを求め受給者が半裸デモ、豪(AFPBB NEWS)

海外の高齢者ってすごい・・・


熱いぜ、オーストラリア。

それにしても海外の高齢者、
ちょっと過激すぎ(笑)


↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

おばあちゃんの知恵袋

小ネタをひとつ。

■おばあちゃんの知恵袋

おばあちゃんの知恵袋


・・・割と使えるよね(笑)。


↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

256歳まで生きた驚異の中国人男性 (英"Environmental Graffiti"記事)  

信じるか、信じないかは、あなた次第。

Bodyshock: The Amazing Story behind the 256 Year-Old Man(英Environmental Graffiti 5月3日)

李青曇さん

※写真はwikipedia(米国版)より転載(public domain)


李青曇(Li Ching-Yun )さんは四川省生まれの中国人。
1677年に生まれ、1933年で亡くなった、とある。つまり、享年256歳(!?)である。

まぁ写真まであるくらいだから実在した人物ではあるんだろうけど、もちろんギネスは非公認。そりゃそうだわな。

記事によると、亡くなるまでに23人の女性と結婚して180人の子孫を残してるんだそうな。それくらい元気なら200歳以上生きたとしても不思議はないのかも(笑)。

彼の身体的特徴は、「視力が良く、活発で、歩き方は大股。身長は高さが約7フィート(2m)。 手指の爪は非常に長く、顔色は赤い。」とあります。

1748年(71歳)の時には軍隊に武術の指導をしていた、という記録もあるんだとか。まさに「スーパーおじいちゃん」ですね。

日常は薬草を売って生計を立てていたようで、植物学者といって良いほど薬草に関しては造詣が深かった模様。認知症やアトピーの治療薬としても使われるというセリ科の薬草ゴツコラ(今はこんな感じで売られてる→ECLECTIC INSTITUTE ゴッコーラ カプセル)の効用に気付いた初期の人物のようです。いや、もう、どんだけ凄いんだか(笑)。

ちなみに長寿の秘訣は、

『心を平静に保ち、亀のように座り、ハトのように快活に歩き、犬のように眠ること』


と、あります。
ハトのように快活に歩く、という表現がよくわからないのだけど、辞書によると「快活(sprightly)」は特に高齢者に向かって使う言葉みたいなので、ヨボヨボ歩かないでしっかりリズムよく歩きなさいよ、という意味なのかもしれない。(詳しい人いたら教えて下さい)

まぁ何にせよ、256歳まで生きたという件については、やっぱりあまりにもブッ飛んだ話なので、記事中でも「本当の話か自信が持てないので、判断は自分でしろよ♪」みたいに書かれてますね。

実はこの話、けっこう有名な話でして。
過去にも様々なメディアで取り上げられてるんですが、結論はどこも大体同じで、「ウソ臭ぇ」ってな感じになってる(笑)。普通に考えたらありえんわな、そりゃ。

だってねぇ。

1677年生まれ、って事は、日本はそのころ江戸時代の初期ですよ? 将軍様は四代将軍、徳川家綱の時代。

本当にこの話が本当なら、彼は何と、時代劇でおなじみの「大岡越前」と同級生ってことになるんですよね。

んなもん、信じろって言われてもなぁ(笑)。
ネタ元が中国ってのもポイント高すぎw

皆さんはどうなのかな。

信じる?
信じない?


【関連情報】
・Li Ching-Yuen(wikipedia:米国版)
・LI CHING-YUN DEAD(The New York Time)
・Tortoise-Pigeon-Dog(TIME)
・256歳まで生きた中国の男性?(エルエル)

↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

日本、「世界一の長寿国」の座から転落 男性の平均寿命で

恐れていた日がついに・・・。

■長寿世界一、アイスランド男性が日本男性を抜く(AFPBB NEWS)

アイスランドの国旗



アイスランドは北大西洋に位置する小さな島国。
面積は北海道と四国を合わせたくらいしかありません。
ちなみに場所はここ。

アイスランドはここら辺




日本人にはあまり馴染みが無い国ですね。

今回のデータはアイスランドの統計局が出したもので、2007年度のアイスランド男性の平均寿命は79.4歳。日本人男性の平均寿命は78.6歳ということなので、0.8歳ほど負けちゃった模様です。

女性の平均寿命では86歳近い日本女性に対して、アイスランド女性は82.9歳だそうなので、かなり差はありますが、男女平均ではわずか1歳差と大幅にその差を縮められています。勝ち負けの話じゃないけど、やっぱり残念だよね(笑)


ところで、

このアイスランドという国。
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、人の名前がすごく特徴的なんですよね。

そう、
この国の人々は"苗字"が無いんです

苗字が無い、と言うと少し誤解を生みそうなので解説しますと、あるにはあるんですよ。苗字。無いのはファミリー・ネームなんです。

日本人の名前で例を挙げます。
太郎、という人がいたと仮定して下さい。
お父さんの名前は一郎。

で、この太郎さんの名前をアイスランド人風に呼びかえると

タロウ・イチローソン(笑)

太郎さんの息子が次郎なら、ジロウ・タローソンになります。
つまり、名前は「ファーストネーム+父称+ソン」で構成されているのです。女性の場合は"ソン"(息子)が"ドッティル"(娘)に変わります。「~の息子」とか「~のむすめ」という意味の名前なので、ファミリー・ネームとしての苗字は存在しない、という事なのです。

昔のヨーロッパは大体この方式だったようなのですが、今では殆どの国でファミリー・ネームを使うようになっている(ただし、名残はある)ので、現在この方式は、少なくともヨーロッパではアイスランド独自のものらしいです。

面白いよね(笑)


【関連情報】
・アイスランド(Wikipedia)
・アイスランド共和国-日本外務省

↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いいたします。
人気ブログランキング

日本史上最高齢でのオリンピック出場決まる 馬術の法華津寛さん66歳

高齢者の星ですね。

五輪=日本馬場馬術が北京五輪出場権獲得、最高齢の法華津選手出場へ(ロイター通信社2月13日)

馬場馬術の様子
馬場馬術競技の様子


日本の五輪代表選手としては、88年ソウル大会に馬場馬術で出場した井上喜久子さん(63歳)の記録を塗り替えて史上最高齢での五輪出場。同じ「馬場馬術」での記録更新というのがちょっと面白いですね。御本人いわく、

「最高齢で出ようと思ったわけではなく、たまたまそのような結果になっただけ」

との事ですが、凄いことには変わりない。
自身にとっては、1964年の東京オリンピック以来2度目、44年ぶりの晴れ舞台となるそうです。ぜひとも金メダルを持ち帰って欲しいところ。

ちなみに世界最年長出場者は1920年アントワープ五輪射撃団体に72歳280日で出場し、自身6個目のメダルを獲得したスウェーデンのOscar Swahn。

うーん、世界は広い・・・。

↓ブログランキング参加中。投票よろしくお願いいたします。
人気ブログランキング

視覚障害の92歳男性がホールインワン達成 「私は、グリーンに乗せようとしただけ」

今日は小ネタで攻めますかね。
ちょっと前のニュースだけど、たまたま見つけた記事から。

目の不自由な92歳男性がホールインワン達成…米フロリダ(読売新聞2月2日)

本文とは全く関係ない画像です。


本人のコメント。

「私は、グリーンに乗せようとしただけ」


うーん、何かすごく深~いお言葉に聞こえる。
こういうのを「漢」(オトコ)と言うのだろうか。

ちなみにGMの目標は、年を取ってもアロハシャツとグラサンが似合うようなやんちゃジジイになることだったりする。

尊敬する人は亀仙人

↓ブログランキング参加中。よろしければ投票をお願いします。
人気ブログランキング


訪問者数
最近の記事
プロフィール

特養事務員GM

  • Author:特養事務員GM
  • このブログは更新終了しています。記事の内容には現状と異なる部分がありますのでご了承下さい。
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
高齢者福祉・介護ランキング

人気ブログランキングへ

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。